マーケ以上詐欺未満

マーケティング
先日、初対面の人にこんな感想をもらった。
「マーケティングって詐欺的ですね」

身も蓋もない話が好きだが、
ここまで率直な意見も少ないので
紹介しようと思ったわけだ。

 

マーケティングと詐欺の違いは
いったい何だと思う?

 

言葉の意味を調べてみよう。

 

詐欺:
他人をだまして金や品物を奪ったり、
損害を与えたりすること。

 

マーケティング:
商品が大量かつ効率的に売れるように、
市場調査・製造・輸送・保管・販売・宣伝などの
全過程にわたって行う企業活動の総称。市場活動。
販売戦略。

 

どちらも
「金品のやりとり」
が発生していて、

 

結果が
だますか、損害を与えるかどうか

 

で、言葉の意味として
詐欺といえるということだ。

 

「マーケティング」で大量に売って
結果、だましてしまったり
損害を出してしまえば、
「詐欺」と言われてしまう。

 

なので
マーケティングと詐欺は両立する
どちらかではない。

 

詐欺的なマーケティングもあれば
そうでないマーケティングもある。

 

■どうして詐欺になってしまうのか?

 

広告活動をすれば詐欺になってしまうのは
ある意味で必然といえる。

 

まず最初の広告は
1.商品が有ることを伝える

 

そして競合が増えだすと
2.比較して自社が優位だと伝える

 

そうして競争が始まり、
3.自社の商品をおおげさに表現しだす

 

商品の良さを知ってもらうつもりが、
大げさになって、フィクションになる
つまり詐欺になってしまうのだ

 

4.すると顧客は広告を信じなくなる

 

というオチがついてるが、
今では、ギャグか!ってぐらい
大げさに表現しているCMもある

 

例)日が落ちるCM(Youtube)

「空間用虫よけ剤4社に措置命令検討 消費者庁」朝日新聞

 

広告は効果を伝えるものだし
自然とそうなるわけだ。

 

古いマーケティング手法をたどれば
詐欺的になってしまう。

 

逆にここまで行けば、笑える。
ちょっと欲しくなる。

 

「ただの爪切り」
https://www.youtube.com/watch?v=EaKWHvUASgk#t=139

 

むしろ商品よりもストーリー、
ストーリーよりも演技力で感動を呼ぶ

 

「ビールのCM」
https://www.youtube.com/watch?v=0K5Md4xakb4

 

見て欲しいのは「詐欺じゃない方法」で
顧客に買わせるマーケティングができているか?
ということ、

 

それこそが頭の使いドコロだと思うけど、
どうだろうか?

 

ーヤマタク

 

PS:
ビールのCMを見た感想を聞かせて欲しい。
今日から東京なので、
東京在住でヤマタクと呑み隊!
というかたは、今ズグ入隊メッセージを

 

 

ヤマタクと

前の投稿
他社が20万円で販売してるものを公開
次の投稿
顧客教育はじめの1歩

関連記事

メニュー