1. ホーム
  2. chevron_right
  3. 考え方
  4. chevron_right
  5. 300万 VS 1億円

300万 VS 1億円

考え方マーケティングマネジメント

 

どうも、ヤマタクです。
 
今年も残りわずかとなってきた!
1年なんて経つのはあっという間。

チミはどうだい?
今年に立てた目標は達成できてる?
それとも、全く達成できていない?
 
ちょっと時間とって、今年を振り返ってみてね。
 

ほとんどの起業家は、
より多くの収入やより豊かな自由な時間を
求めて会社を立ち上げる。
 
 
けどね、いざ始めてみると、
そこらのサラリーマンよりも
長い労働時間を強いられる方がほとんど。
 
12時間労働とか、14時間労働とか
やってもやっても終わらない業務にも関わらず、
 
さらには、手にするお金の額も
サラリーマンの平均以下ということもしばしば。
 
 
中小企業庁が発表した、小規模企業白書だと、
フリーランスの約60%が
年収300万円以下だと出てるんだよね。
 
かたや国民の平均所得は約560万円。
 
その差は歴然!
 
 
けどそんな中でも、
年商ベースで億を超える売上を
あげる経営者もいる。
 
そんで、まぁ少ない例ではあるんだけど、
年収として1億円を超える方というのも、
事実としているワケ。
 
そのパーセンテージってのが
日本の労働者が6531万人いる中で
1億円を稼いでいる人は17348人というデータがある。
 
1億円以上を稼いでる人は
全体の0.026%。
 
 
そんな彼らと、
年収300万円にも満たないフリーランスの差は、
一体なんだろうか?
 
 
とか聞いてみると、
 
・億単位で収益をあげる人は、
 強力な人脈を持っているのだろう
 
・自由に遊びながらお金を稼いでいる人は、
 特別な秘密を抱えているに違いない
 
・トップクラスの実績を誇ってる人は、
 生まれ持っての才能があるのだろう
 
なんて声をよく耳にするんだよね。
 
 
つまり、「なにか秘密があるに違いない」
思ってしまうワケっす。
 
 
でもね。
 
 
実は、年収1億円を稼ぐ人たちも、
大した秘密やノウハウなんか持っていません。
 
 
つまり、、
 
 
どんどん利益をもたらしてくれる
強力な人脈があるワケでもなければ
 
働く事なく稼ぐための、
秘密のノウハウを持っているワケでもなければ
 
親族が資産家だったり、
生まれ持っての起業家の才能が
あるワケでもないってこと。
 
 
 
全てはモノゴトに対する着眼点が違うんですよ。
 
 
着眼点が変われば解決策が変わる。
解決策が変われば行動が変わる。
行動が変われば結果が変わる。
 
そして、
結果が変われば人生そのものが変わる。
 
 
こう冷静に考えたら当たり前のように見えない?
 
 チミはどんな視点を持っているのだろうか?
ちょろっと教えてもらえると嬉しいなー
 
 
なんて。
 
 
ーヤマタク
 

ヤマタクと

前の投稿
辞めてしまう人 育つ人、どこで差がつく?
次の投稿
年商1億円を突破する秘密

関連記事

メニュー