年商1億を突破する思考とは

考え方マーケティングマネジメント

 

どうも、ヤマタクです。
 
 
前回は、サラリーマン以上に働き、リスクも負って働いている個人事業主の半数以上が年収300万円以下であること。
 
 
その一方で、
 
起業してほんの数年で、年商1億↑、年商5億↑目を見張るようなスピードで会社を成長させ
 
年収ベースでも1億円をこえるような経営者もいる。
 
という話をしました。
 
 
 
その違いは、どこにあるのか?
という話なのだが、
 
実は伸び悩む、起業家、経営者の多くは
「お金がない」・「時間がない」に加えて

ビジネスチャンスをもたらしてくれたり、いざというときに相談できる「人脈が無い

という3つの問題につまずいてしまっているのである。
 
 
 
ビジネスを改善したり、新たな挑戦をしたくても時間が無い
 
広告を打つなど販売促進をしたくても、お金が無い
 
より儲かる情報を仕入れたくても、人脈が無い
 
 
 
など、3つのリソース不足に苦しめられ、改善する余力がないままで低空飛行を抜け出せないのである。
 
 
 
では、年商1億↑、年商5億↑と急成長した起業家、経営者は
 
「お金」「時間」「人脈」という3つのリソースを最初から持っていたのだろうか?
 
 
 
それについては、NOである。
 
 
彼らの多くもリソース不足の中でビジネスを始めたにもかかわらず、短時間で年商1億↑、年商5億↑など、突き抜けた成果を出しているのである。
 
 
 
なぜ、彼ら突き抜けた起業家、経営者は3つのリソース不足を解決することができたのか?というと・・・
 
 
 
「お金」「時間」「人脈」という必須のリソースを
 
常人とは全く違う、非常識な方法で解決していたからなのである。
 
 
  
 とはいえ、偉そうに言っている僕自身も当初はこの罠にはまっていた。
 
 

・長サラリーマンより働いていているのに収入が伸びず、出費ばかりがかさんでしまったり

 

・雑務に振り回される毎日で やるべきことが多すぎて、  プライベートの時間が取れなかったり
 

・スタッフを入れても、教育に手間が掛かりすぎてストレスだらけになってしまったり
 
 

など、よくある、起業家、経営者さんと同じ失敗を過去にたくさーんしているのである。

 

の中で、これからお話していく非常識な解決策にたどり着いたからこそ、僕やクライアントさんの成果が目に見えて出てくるようになってきた。
 
 
 
なので、チミも心配する必要はない。
 
 
 
すでに解決策はあるので、これまでとは全く違った新しい視点で「お金」「時間」「人脈」の問題を乗り越えればよいのである。
 
 
  
それではまた次回~
 

ーヤマタク

ヤマタクと

前の投稿
コロナでも伸びた社長
次の投稿
2021年 非常識なほど売上UPするには?

関連記事

メニュー