時給100万円の社長の秘密

セミナー考え方マーケティングマネジメント時間術

 

どうも、ヤマタクです。

昨日は、

超生産的な社長になるためには
情報の断捨離が必須

って言った。

ところで、、、
社長のチミの時給っていくら??

国税庁が行った
平成30年分の民間給与実態統計調査によると、
平均給与(年収)は、419万円。

1年間の労働時間を
240日×8時間=1,920時間
と考えると、

419万円÷1,920時間≒2,180円

となる。

社長であるチミの時給は、
これより高い?安い?

安かったとして、

「今は売り上げも低迷しているから仕方ない。
 社員にはきちんと給料を支払わなければならないから、
 社長はこれでいいんだ、、、」

なんて、自分で自分を納得させてない?

また、高かったとして、
それはチミの希望通りの金額だっただろうか?

働く時間を半分にして、
売上を3倍にしたい

と本気で思うなら、

まずは、理想の時給を算出してみよう。
計算方法は、先ほどと同じだ。

たとえば、年収1,200万円を目指したいなら、

1,200万円÷1,920時間=6,250円

となる。

そして、
時給6,250円のチミが1時間にやる仕事を、
時給2,180円の社員にやらせてみたら、、、?

単純に計算して、

6,250-2,180=4,070円

実に、65%ものコスト削減になるわけだ。

しかも、空いた1時間で、
チミはよりクリエイティブな活動ができる。
(もちろん、遊びたければ遊んでもいいけど)

これが、
時給100万円の社長になる第一歩。

でも、、、
「オレが1時間にするのと同じ仕事を
 こなせる人材がいないんだよな~」
とか思ってる?

「せっかく右腕になれるくらいに育てても、
 辞められちゃうんだよ」
って悩んでる?

「優秀な人材は大手企業に取られちゃうから、
 うちみたいな中小企業には来てくれないんだ」
ってあきらめてる?

はい! そんなチミは、
明日のブログをぜひ楽しみにしておいてねっ!

ーヤマタク

ヤマタクと

前の投稿
生産性を阻害する危険なヤツに注意!
次の投稿
指示しなくても動く社員を手に入れるには?

関連記事

メニュー