マイクロコピーとは?

 

マイクロコピは、簡単にいうと、ボタンの文字フォームまわりエラーメッセージ写真のキャプションなど、

これまで、マーケティングの教材や専門家が全く触れてこなかった、非常に細部のコピーのことです。

 

 

マイクロコピーは、

・ボタン(及ひ周辺)
・ログイン画面
・パスワード復旧画面
・入力フォーム周り

・メニュー、ナビゲーション
・ローディング画面
・エラーメッセージ
404ページ
・サンキューページ

 

など、ウェブ上の至る所に活躍の舞台があり

この小さなコピーの良し悪しが、売上に大きな影響を与えていることがA/Bテストの結果から分かっています。

 

 

例えば、こちらの場合では

 

 

 

「資料を“無料”ダウンロード」

→「“無料”で資料をダウンロード」

 

 

という風に、“無料”の2文字の場所を変えただけで売り上げが1.5倍になりました。

 

 

このマイクロコピーは、ほかのマーケティング手法と同様、日本よりも“海外発”の企業の方が断然進んでいます。

 

 

例えば、オンライン学習サイトUdemyの入力フォームでは、

「30日間返金保証」のマイクロコピーが添えられています。

 

 

学んではみたいけれど、

「三日坊主で終わったらやだなぁ」

 

というのは多くの人が思っています。

 

 

 

その不安を取り除いて、お客さんの決断の後押しをするのが、このマイクロコピーというわけです。

 

 

ネットフリックスでも、お申込みボタンの近くにマイクロコピーが挿入されています。

「無料体験終了3日前にメールでお知らせします」

 

と書いてありますね。

 

「無料体験はしたいけれど、忘れたころに有料プランになってたらいやだなぁ~」

 

というのは誰もが思うところ。

 

そんなユーザーの不安を取り除き、決断をサポートするのがマイクロコピーの役目なのです。

 

 

 

こういった例は、挙げればきりがないのですが、

 

はっきりいって、ここまでローコストですぐに改善できる売上アップの手法は、聞いたことはありません。

 

WEBを使ってビジネスをしている人にとっては、必見のテクニックといえるでしょう。

 

 

追伸:さらに今回、マイクロコピーを使ってすぐに売り上げをUPさせたい方のために

オンラインセミナーもご用意しました。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。

セミナーの内容をのぞいてみる

 

 

 

 

メニュー