LPを作るとき、支払い申し込みなどのゴール部分から改善するのがCVRアップのためには基本とのことですが、 なぜですか?
商品ページもゴールから改善するならば、
カート

カートに入れるボタンとその周り

ヒートマップでクリックの多いところをユーザーga見やすい所に移す

ヒートマップで離脱の大きいところを改善する
という考え方で合っていますでしょうか?

このページを見るには オレコン実践会 or アカデミー会員(年間)の購入・申し込みが必要です。

このページを見るには オレコン実践会 or アカデミー会員(年間)の購入・申し込みが必要です。
メニュー