WEBマーケティングとは?

WEBマーケティングとは、通販ショップなどのWebサイト、Webサービスに、より多くの見込み顧客を集客し、購買を促す活動のことを指します。シンプルに言えばインターネット上に「商品が欲しい人の行列を作る」ための活動です。

なぜ企業にWebマーケティングが必要なのか?それはどんなに優れた商品やサービスがあっても、ただ性能が優れているという理由だけでは、商品は売れないからです。(あのappleですらその良さを伝えるための宣伝活動を行っています) WEBマーケティングを行うことで、初めて顧客に商品が認知され、興味関心を引き、結果、購買行動に繋げることができます。

WEBマーケティングの3つの基本

WEBマーケティングを行うには①ターゲットとしている顧客は誰か?そして②どのようなマーケティングメッセージを届けるか?の2つを考える必要があります。加えて、見込み客に適切なマーケティングメッセージを届けるために③どのメディア(媒体)を使うか、を検討する必要があります。

例えば、10代の男女にWeb広告を見せるために、Facebook広告を使うのは適切ではないでしょう。(Facebookを利用しているユーザーは30代以上が中心です) 一方で、10代のユーザーが置いInstagramやTwitterなどのメディアを利用した場合では、広告の費用対効果を下げられる可能性があります。広告の選び方、運用の仕方1つで、集客コストが大きく変わるのです。

分析的な視点でWEBマーケティングが必要

このようなWEBマーケティングの『費用対効果』を知るには、分析的な視点が必要になります。
「計測できないものは改善できない」からです。無料で使える「Googleアナリティクス」などのサービスは、Webマーケッターが数値の計測をするのに欠かせないツールの1つになっています。

WEBマーケティングは、ボトルネックの発見→改善の繰り返し

例えば広告運用では、広告のクリック率が低いのか、その先のランディングページで離脱が起きているのか?どこに問題があるのか『ボトルネック』を特定する力が問われます。

メールマーケティングでも同様です。開封率が低いためにマーケティングメッセージが読まれてすらいないのか?それとも、本文やCTA(コールトゥアクション=行動の呼びかけ)に問題があって商品ページへ誘導できていないのか?など、ボトルネックの場所によって取るべきアクションは大きく変わります。

適切な市場(顧客)・メッセージ・メディアの3つを選ぶ

費用対効果の高いWebマーケティングを行うには、適切なメディアを通じて、適切な市場(顧客)に、適切なメッセージを届けなければなりません。社内で想定していたペルソナが実は存在していなかったり、顧客とのメッセージのミスマッチが起きたり、正しいメディアを選ばなければ『顧客の行列』は生まれないからです。

WEBマーケッターに高度なリサーチスキルが求められるのはこのためです。全てのバランスが取れて、初めてWEBセールスやWEB集客がうまくいきます。

メニュー