全員在宅ワーカー \オレコンの社内チーム紹介/

全員在宅ワーカー \オレコンの社内チーム紹介/

全員在宅ワーカーオレコンの社内チームってこんな感じ

オレコンのスギモトです。

この度、オレコンの社内チームを紹介するページができました!

こちら↓
オレコン社内チーム紹介

【2021年1月12日追記】
 オレコンでは、個人のWILL(やりたいこと)にもとづいて業務を決めていきます。
 それをより明確にするために、現在では、社内でのチーム分けをなくしています。
 そのため、上記ページは「オレコンスタッフのWILL大公開」に変更されていますので、ご了承ください。

 

実は、私もまだスタッフ全員の顔を知りません。
お仕事でよくZOOMミーティングをするスタッフの顔は覚えたものの、それ以外のスタッフとはまったく顔を合わせていないか、忘年会・新年会の2回しか会っていない状態なので、なかなか覚えられません・・・
(ほとんどのスタッフは、チャットワークのアイコンに自分の写真を使っているので、それでだいたいはわかりますが・・ちょっと小さい💦)

今回は、社内チーム紹介ページのご紹介を兼ねて、各チームで行っている業務内容についてお伝えしたいと思います!

オレコンでは、以下の5チームに分かれて仕事をしています。

・オレコン事務局
・採用チーム
・ライターチーム
・WEBチーム
・マーケティングチーム

オレコン事務局

オレコンのかなめである事務局には、秘書・経理・法務などのお仕事をするスタッフが在籍しています。社長のヤマタクのフォローをはじめ、入出金を管理したり、法的に問題ないかを検討したり、セミナーを運営したり、イベントを企画したりと、多岐にわたる業務を行っています。

強い責任感を持ち、細かいところにも気配りができる、ライターの私から見たら「すごい」と思ってしまうスタッフばかりです!

採用チーム

オレコンのスタッフ募集をかけたり、応募してきた人への対応をしたり、研修中のスタッフのフォローをしてくれたりと、採用関連の業務を行っているチームです。

オレコンは、入ってからの研修内容が濃い!!だからこそ、わからないこともちょこちょこ出てきます。「どうやればいいの?どこを見ればいいの?」と悩んでしまうことも少なくありません。そんなとき、たとえどんなに些細なことでも、採用チームのスタッフに聞けば、やさしく教えてもらえます!

ライターチーム

ライターチームのスタッフは、メルマガを配信したり、ブログを書いたり、プレスリリースの原稿を書いたり、その他もろもろ「オレコンをアピールする【刺さる文章】」を書いています。単なる文章表現にとどまらず、どのタイミングで告知するのか・どの媒体を選ぶと効果的か、などマーケティング面も最大限考慮しながら、スタッフ全員がセールスライターとして活躍しています。

社外の人に対する文章を書いているので、「オレコンの顔」となっていることを意識しつつ、私個人は、日々「刺さる文章とは何か?」を模索しています(笑)

WEBチーム

オレコンのホームページを中心に、WEBページ作成、マーケティングと連動したバナー制作・広告用動画制作などクリエイティブ制作を担当しているのがWEBチームです。単にページを作るだけでなく、マイクロコピーやABテストなどを駆使してその効果を数値計測し、フィードバックをかけ続けています。

さまざまなツールを使いこなし、「こんなことがしたい」と言えばパパっと対応してくれる「ドラ〇もん」のような精鋭ぞろいのチームです!

マーケティングチーム

セミナーやサービスの企画・設計をはじめ、マーケティング、セールス、joint venture対応、コンサルティング、ブランディング、部門の損益改善、広告運用、集客のディレクション・・などなど、「これぞオレコン!」というスキルの集大成・・・それがマーケティングチームです。

常にアンテナを張り巡らしていて、広い視野を持っている、そんなスタッフが活躍しています!

このように、チームは5つに分かれていますが、複数のチームから集まったスタッフが協力しながら進めていくプロジェクトもたくさんあります。だから、「〇〇チームの人」というより、「△△を担当している人」というふうに覚えていることが多いです。実際、私も複数のプロジェクトで採用チーム・事務局・WEBチームのスタッフと一緒にお仕事しています(同じライターチームのスタッフとは、まだ同じプロジェクトを担当していないことに、今、気が付きました💦)

チームの垣根を越えて、やりたい仕事ができる

それが、オレコンの魅力のひとつです!

オレコンはいつでもスタッフ募集中!
あなたも一緒に働きませんか?

ヤマタクと

前の投稿
フルリモートの職場だけど、新年会♪
次の投稿
コロナになんて負けない!ECサイトで重要な「ブランド力」をつけて日本経済を豊かに

関連記事

見つかりませんでした。

メニュー