“見た目が9割”は本当なのか?

マーケティング集客トラストフォーマット成約率UP

 

どうも、ヤマタクです。

 

 チミは人を判断する時、

「見た目」「中身」どっちを

重視するだろうか?

  

普段は「中身が大事だよと」いう人でも、

こと初対面に至っては

どうしても、見た目で判断せざるを

得なくなるのではないだろうか?

  

なぜなら、中身を判断するには

その後しっかりと話を聞かなければ

分かりようがないからである。

 

  これは、WEBサイトでも全く同じで

いくら魅力的な商品を売っていたとしても

見た目の印象が悪いと、

見込み客へのイメージは大幅に

ダウンしてしまうのである。

(見た目が与える影響は想像以上に大きい)

 

 というよりもむしろ

WEBサイトの方がこの傾向は顕著にでる。

 

対人であれば、

その後の会話である程度の挽回はできるが

 

WEBサイトの場合は

そのサイトの見た目の印象が悪い時点で

ユーザーは去ってしまい

二度と戻ってこないだろう。

 

 実際に売れてる通販サイトや、

集客できるホームページには

売れるためのデザインが盛り込まれているのである

  

例えば、ハイブランドの広告には、

白人のモデルばかりが登場し、

 

 

 募金サイトでは、

子供を大きく取り上げた写真

ばかりが採用されています。

 

どんな理屈を並べても、

ウェブサイトの印象やルックが

ある程度の売上げを決めてしまうと

という、事実があるのである。

 

(見た目を大きく加工した雑誌)

  

では、実際にチミがWEBからの

売上をアップさせたいときにどうすればいいのか?

  

「サイトの見た目をキレイにする?」

 「ゴージャスなイメージ画像を盛り込む?」

 「可愛いデザイン、かっこいいデザインにしてくれと、

デザイナーに頼んでみる?」

 

 実は、これのどれもが間違いなのる。

  

高級感があるから、

商品が売れるわけではない。

 

デザインが洗練されているから、

商品が売れるのではないのである。

 

実は、リアルも、WEBも、

売れるための「見た目」を作るには

あるコツがあるのです。

 

それについては、少し長くなるので、ま

た明日触れてみることにしマッス。

  

ーヤマタク

ヤマタクと

, ,
前の投稿
ウェブワークシフト1Day講座に【半額】ご招待!
次の投稿
苦労しなくても売れるデザインは手に入る

関連記事

メニュー