【〇〇実験の嘘】マシュマロは我慢しなくても良いらしいよ?

考え方投資

どうも、ヤマタクです。

 

今回も「〇〇の嘘」シリーズです。

 

今から40年以上前。
場所はアメリカのスタンフォード大学。
そこで行われた有名な心理学実験マシュマロテスト。

 

当時4歳の子供たち186人が1人ずつ教室に通され、椅子に着席。

 

机の上には1つのマシュマロが置いてあり、
実験者は子供にこう伝えた。

 

・私は用事があるので、部屋を出る。
・戻ってくるまで食べるのを我慢できたらもう1つあげる。
・私がいない間にそれを食べたら2つ目はない。
・15分したら戻ってくる。

 

というモノ。
正直、なんでマシュマロやねんと思うが、

 

結果は、

 

3分の2の子はマシュマロを食べて、
3分の1の子が食べずに待っていた。

 

その18年後に追跡調査が行われ、
4歳のときの自制心の傾向は
18歳でも続いており、
マシュマロを食べた子よりも、
食べなかった子の方が学業成績が良かった。

 

彼らが45歳のときに、さらなる追跡調査が行われ、
この傾向がずっと続いていることまでわかった。

 

なんと大学進学適性試験(SAT)の点数が、
トータルスコアで210点も異なったらしい。

 

コレ、教育関係者の間では有名な話で、
だから、自制心を育てることが大事なんだよ~
と話を進めていきたいワケだ。

 

実際、ググってみると、
そういうブログ記事を書いている人が多い

 

ところがこの実験もまた再現性に欠けた。
実験に両親の年収と学歴というパラメータを
追加すると全く別の側面が見えたのだ。

 

結局、学歴が高く裕福な両親を持つ子どもは
過去の経験から、

 

「大人は食べ物を所有するだけのリソースと
経済的な安定性を持っている」

 

ということを知っているため、
「喜びを先延ばしする」ということが
比較的簡単にできちゃったというワケ。

 

なんだかミもフタもない話ですな~

 

ただ、実験した人数も当初のマシュマロテストの
10倍で、実はハーバード大学でも
「貧困であるほど人びとは短期的報酬を求める」
という実験結果が出ていて、その内容と一致したので
ヤハリこちらの信ぴょう性の方が高そうっスね。

 

やっぱりリソースって大事ソースね!

 

、、、コホン!

 

とはいえ結局、自制心=セルフコントロールが高い方が
成功しやすいのは間違いなさそうで、、
それが環境によって育まれるというのであれば

 

「良い家庭で育った子どもは成功しやすい」

 

というのは変わらない。

 

人間は生まれ持ったものより、
環境の方が大事だということで、
ワレワレ起業家も環境次第で
どうにでもなるってことですな~。

 

要するに成功した人の中にいれば良いってことです。
よく考えればコレ成功した人、皆同じようなこと言ってマス。

 

だから高いお金を払ってでも
コンサルやコーチングを受ける価値がある。

 

すでに自分が手に入れたいものを持っている人、
あるいはそうなりたいと思っている人

 

その集団の中に身を置くということも
環境を変える1つの手ということ。

 

環境は自分で変えられるわけだから
もし今何か上手くいってのないなら、
ぜひ環境を変えてみてほしい。

 

 

追伸:

 

遠方で環境を変えるならこういうものに参加してみるのも1つの手です。

自宅でWEBマーケティングを学べる
経営者のための月額制オンラインプログラム

デジタルマーケティング実践会

– 会員特典 –
・月替わりで受講できるオレコンセミナー
・経営者とマーケッターのためのデータベース
・メンバー限定記事

ヤマタクと

, , ,
前の投稿
僕達はオフィスを捨てた、縛られた働き方を捨て生き方もアップデートするために
次の投稿
知られざるオレコンのリモートワーク

関連記事

メニュー