商品リサーチのニュースソースまとめ

マーケティング
タイから帰ってきてはや10日
私にとっては日本滞在10日目だ。毎日新鮮で、10日があっという間。

友人のモリユウキさんは
ついにマレーシアに旅立ってしまう
といことで、昨日ゲームバーで遊んだ。

モリさんといつも話すことは、
流行り廃りのある業界での、
トレンドを追いかけるために

・リサーチ
・ニュースソース

をどれだけ持っておくか?
関連していくつ調べられるか?
ストックしておけるか。

これらで変わってくるねって話ししてました。

今回タイで見た「ストレッシス」は昨年、
日経トレンディの「タイの流行」という記事に記載されて
実際に「バイマ」のリサーチでは高値で取引されている、

芸能人が着用し始めているし、
マーケティングも上手い、
けれども供給ができていない

そこで、我々で並行輸入しようという流れになる
日本へのマーケットを意識しているので、
結構乗り気で、話はまとまりやすい。

という流れになるんだけど、
同じように複数のブランドが急成長しているのが
タイ情報のチェックは欠かせないよね、

僕のコンサルを受けたバイヤーは
バイヤー業務の片手間で100万円/月の売上をだして
最盛期には300万円/月で、
「バイヤー業務より儲かる」と喜んでくれていました。

っていうことで、次回は11月にラスベガスに行くけれども
ここでもやっぱりリサーチは欠かせない。

この際、リサーチやニュースソースを
まとめておこうと思う。

なんせ、このリサーチが輸入のほぼ全てだと思ってイイ。
もしゆるかったり浅かったりすると、以下のようになる

リサーチをしない6つのリスク

・売れない商品在庫をかかえるリスク
・仕入資金をいきなり投入するリスク
・売れなかったら?という不安で寝れないリスク
・商品在庫にお金を積むので、広告に費用をかけられない
・再投資を繰り返している間は儲ってても自分の生活費が取れない
・時間はいくらでもかけることができてしまう

怖いですねー。
なのでリサーチは必要なのです。

もし、
・事前に売れる商品が分かって
・十分にな利益幅が取れて
・長期的に収益をくれる
そんな商品が見つかれば最高だと思わない?

そのためにリサーチをするのですよ。

さぁ、早速リサーチの本題に入ります
単純にまずはマーケットの需要を見ます。

まず、先行指標をあたる事。
先行指標についての解説は割愛しますw

要は、これから流行るだろうということ
googleトレンドで調べれば、
過去流行って今後どうなるか?
が大体わかります。
https://www.google.com/trends/

SMBCコンサルティングのヒット番付
https://www.smbc-consulting.co.jp/company/mcs/BizWatch/Hit/

日経トレンディ2015年ヒット予測ランキング
雑誌から抜粋
1位.グルメ「健効」系フーズ
7位.遺伝子診断サプリ
10位.スター・ウォーズ・カウントダウン
12位.都市型パリピフェス
20位.2.5次元ファッション

2.5次元ファッションは、
タイで既にいくつもブランドがありました
ほんまに「これジョジョでも出てきてないデザイン」
ってのが山盛り。

Yahoo!ショッピングでは
キーワードランキングをアップしてくれている。
http://shopping.yahoo.co.jp/ranking/keyword/
楽天には無いので、リサーチにはいい。

ただ、ちょっとこれでは仕入れには遅い。

だから、次にどこに行くかというと、
ファッション雑誌。

雑誌は広告目的で載せてる場合もあるので、
そこさえフィルタリングすれば、有用な媒体。

・売りたい、押したい商品
・流行fashionのコンテンツ

の2つがあるんですが、
このコンテンツの方を見るようにして下さい。

ファッション誌は買う側の媒体なので、
更に先行指標として売る側の媒体も見ておくとよいでしょう。

オススメは
「ファッション販売」

・販売する際のキャッチコピー
・見せ方、バリエーション
・スタイル合わせ
・販売キャンペーン

など、ECサイトで抜け落ちがちな内容も網羅している。

トレンドの先行指標?というか業界ニュース的な
「WWD japan」
http://www.wwdjapan.com/

意外なマーケティング情報なども入る、
「ファッションスナップ」
http://www.fashionsnap.com/inside/
インスタは儲かる?GUの取り組み
http://www.fashionsnap.com/inside/gu-nylon-instagram/

特に、有名人が身につけているものを探せる
「ストリートスナップ」は使えます。
http://www.fashionsnap.com/streetsnap/index.php

雑誌に出ているTOPモデルや、読モなどの有名人
さらにその先行指標となるスタイリスト
彼のブログや着用写真は売上を出しています。

ストレッシスも前田敦子が来ていたり、
水原希子が着用していることで有名になりました。
アメブロの上位にいる女性芸能人はそれだけで
トラフィックもマーケットを持っているので
彼女たちに関連した商品を探す
「有名人名」+「ドレス」
「有名人名」+「着用」

という検索結果で、Googleの画像検索するわけです

で、まぁ日本の芸能人の先行指標としては
海外のセレブのファッションを追いかけてるダケ
ということもよくあるわけで、

わかりやすく商品と紐付けてくれている個人ブログ
http://addictm2.blog87.fc2.com/

さらに先行指標として、
これから日本で有名になる海外セレブって誰?
って話になるんだけど、それはもう簡単で

海外TVドラマのDVDシリーズがリリースされる
そのスケジュールをチェックして日本で続編が2作以上出ているな
十分流行る可能性があります。

例えば、最新の情報なら
日経エンターテイメントの海外ドラマムックでも見れます
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/contents/mokuji/m_243250.pdf

そして、海外セレブが何を着用しているか?
なんかは、海外のファッション誌になるわけです。
こちらのサイトでまとめてくれていますね。
http://www.magazine-data.com/women-menu/world.html

こうやって、
今売れているものから「先行しているのはどこか?」
と探すことで、売上を出しやすい商品を絞込み
リリース時期も合わせて見ることが出来ました。

今回お話した「先行指標」は
どんな業界でも、どんな商品でも
見つけることができます。

それ以外にも
確実にヒットさせる方法を含めて、
今週土曜日にワークショップで
ヒットさせるところまで商品設計をしていきます。

今回は自分のためのまとめ記事でもあるので、
わかりにくかったら、また質問して下さい。

言われれば「あ、そうか」っていうレベルの物ですが
ライバルも気づいていないことが多いです

まずは今スグに自社商品をリサーチしてみてください。

ヤマタク

PS:
この方法で、出版業界や
情報起業、コンサルティング業界
マーケティング業界なんかも、
同様にヒット商品を見つけることができます。

オレコンのデジタルマーケティングセミナー
参加してみてください。

ヤマタクと

前の投稿
マーケットインが正しいってほんと?
次の投稿
輸入と為替とうまい棒

関連記事

メニュー