2018年、あっという間に1週間が過ぎました。

未分類

どうも、ヤマタクです。

今更だけど、挨拶がまだだった。
明けましておめでとう。
2018年だね。

どうする?どんな一年にしたい?

新年って、どうしてこんなに無駄にやる気が出るんだろう。
もしかして一年の目標なんて立てちゃったりしている?

それとも正月休みの間にネットサーフィンして、
得体のしれないコンサルタントのメルマガを登録して見ちゃったり、
セミナーに申し込んじゃったりしているんじゃないのかこのトンマめ!!

経営者なのだから、
仕掛ける側になるべきであって、
決してひっかけられちゃいけないよね。

正月にやたらとユーキャンのコマーシャルが増えるのは、
正月に無駄にやる気を出す人が多いからだ。

だからLINEやメルマガを登録しちゃったキミは、まさにその罠にひっかかったということ。

反省しよう。

オレコンのLINEやメルマガは解除しちゃダメだけど、
この正月に登録したやつは冷静になって考え直してみるといい。

しかしトンマな人間でなくても、やはり正月はやる気が出る。

モノを買ったりはしなくても、目標を立てるくらいはいいだろう。

で、一月に目標を立てる。

とても壮大で、叶ったらもう死んでもいいくらいの大きな目標。

そして二月にはその目標も有名無実化。

年末になってダメな自分を死ぬほど責め る・・・あちゃー。

耳が痛いか?実は毎年そんなことを繰り返していないか?

目標なんて立てなくても順調に成長している人はいるけれど、
それは単に「目標」という大それた名前を使っていないだけで、
そんな人たちこそ実は日々上手に目標を立て、確実に実行させている。

そこで、二月に目標が淡い夢へと変わるのを防ぐために、
キミに「必ず目標を達成する方法」を教えよう。

告白しちゃうけど、以前ワシは、
セミナーでこんな失敗をしたことがある。

通販業者に向けたセミナーで、
二億円を売上げる方法をレ クチャーしていた時、受講者の一人が手を挙げた。

「二億円を売り上げるためには、
仕入れとして一億円を用意しなくてはなりませんが、
手元にそんなお金はありません。どうすればいいんですか?」

あちゃー。思い出すだけで胸が痛い。
ワシは的確な返事をす ることができず、その受講者は激怒して帰って行った。苦い思い出だ。

せっかくヤマタクが苦い経験をしたのだから、
キミにもそれを活かしてほしい。年商一千万とか二千万の人が、
一気に二億円を売り上げることはできない。

奇跡でも起これば話は別だが、
普通は二億円に至るまでにはいくつかの、
いろんなステップを踏まなければならない。

だから、
目標を立てるときにも同じように考えるといい。
きな目標をどーんと立てるのではなく、

小さなステップへと細分化して、
その1ステップを目標にするのだ。

言い換えれば、
現状に1つのアクションを加えるだけでできちゃうことを目標にするってこと。
例えば泳げない人なら「1 キロメートル泳げるようになる」と

目標を掲げるのではなく「5 メートル泳げるようになる」という目標にする。
すると、年末を待たずに達成できちゃう可能性が高い。

え、ずるい?ずるくないよ。
これには大きな効果があるんだ
から。

=============

この記事はオレコン式デジタルマーケティング実践会会員のみが読める
郵送ニュースレターの一部を抜粋したものです。実践会へのお申し込みはこちら
↓↓↓
オレコン式デジタルマーケティング実践会の内容を見る

=============

ヤマタクと

前の投稿
保護中: あなたのフィードバック、オレコンで買い取ります。
次の投稿
ヤマタク特別対談インタビューその1

関連記事

メニュー