スピードが命といわれるワケ

マーケティングコピーライティング成約率UP

 

どうも、ヤマタクです。
 
 
新型ウイルスによる影響を少しでも抑えようと、様々な助成金や補助金がでてきました。
 
 
その一歩で、資金繰りがもたない・・・
とやむなく事業をたたむ決断をしている経営者も増えて来ました。
 
 
 
これを読んでいる読者さんは、ECサイトであったり、WEB広告の運用だったりと、何かしらの形でWEBを活用している人達が多いので、
このような環境の中でも、「
逆に、サイトからの売上が急増した!」という人も多いかもしれない。
 
 
 
だた、そうはいっても、
 
「資金繰りさえうまくいえば・・・」
 
「もう少し時間があれば上手く行くはずなのに」
 
それができないために、事業が行き詰ってしまったり、ピンチになってしまうことは、どんな分野でビジネスをしていても突然降りかかってくるものです。
 
 
 
僕自身も、コンサルをしている中で
 
「2か月以内に結果がでなければ、事業部を潰さざるをえない・・・」
 
そういった重い相談を受けたことは、1度や2度ではありません。
 
 
 
そんな中、今、チミの手元には
売上がゼロでも耐えられる資金が、何か月分あるだろうか?
 
 
もし、その資金が3か月分であるならば、3か月以内に結果を出せばいい訳だけれども、
 
 
その資金が、1ヶ月分しか無ければ、
もしもの時には、1ヶ月以内に結果を出さなければまずいことになりマッス。
 
 
 
  
少し脅かすようになってしまったが、つまりは、それぐらいのスピード感を持ってビジネスを進めて欲しいのである。
 
 
 
スピード感を妨げてしまう症状で、よく話を聞くのが、、、
 
「やることが多すぎて、何を優先したらいいのか分からなくなってきた」
 
という問題。
 
 
 

ここで改めて考えて欲しい!
 
売上を上げるためには、様々な行動があります。
 
 
その中でも僕ら、中小企業の経営者が生き残って行くために大切にしなくてはいけないのは、
最も効果が高い施策に絞って行動することデス。
 
 
 
最も効果の高い施策とは何なのか?
 
 
ECサイトオーナー、WEB担当者、アフィリエイターなどWEBを使って、ビジネスをしている人にとって
最も効果が高い施策とは、「マイクロコピー」を上手に活用することである。
 
 
 
 
「マイクロコピー」とは、ボタンの文字やフォームまわり、エラーメッセージ、写真のキャプションなど、、、非常に細部の箇所のコピーのこと。
 
 
 
細部のコピーでありながらも、
数十分、場合によっては数分で、今より何倍もの成約率アップを実現することのできるコピーです。
 
 
 
大企業のように、多大な時間と費用が必要になるような施策をやっていては勝ち目はありません。
 
 
僕ら中小企業は、短い時間で効果の出る施策優先して時間や資源を注いでいこう!
 
 
 
―ヤマタク

ヤマタクと

前の投稿
テレワークでのスタッフ教育はどうする?
次の投稿
iPhoneが変えた世界

関連記事

メニュー