iPhoneが変えた世界

マーケティングコピーライティング成約率UP

 

どうも、ヤマタクです。

 

先日、Phoneの廉価版である、iPhone SEが発売開始になったそうである。  

値段が安いだけでなく、マスクを外さずにロック解除が可能だということもあって、今のご時世に合ったスマホとしてなかなか評判は良いようデス。

 

  

老若男女に至るまで、もはや生活必需品ともなったスマホであるが、 このスマホの登場によって、WEBセールス・WEBマーケティングの世界は大きく変わりました。 

  

特に大きく変わったのは、

人々が何かを「したい、知りたい、見つけたい、買いたい」と思ったときに、

反射的に目の前にあるスマホを使って調べたり、購入したりという行動を一瞬で起こせる様になったことです。

 

 

 

ちなみにユーザーは、1日にだいたい「115回」もスマホを見ていると言われています。 

 

115回」も見ているので、その一つひとつの時間は極めて短く、1回当たりの時間の平均は、「1分~1分半」程度だと考えられます。

 

  

つまりは、ユーザーは、ほんの短時間でサイトを訪れて、あっという間にそのページから去って別の行動に移ってしまうのである。 

  

このような行動の変化もあってWebページにおいて、ユーザーが読むテキストの量は20%~28%程度しかないという研究も発表されています。

 

  

これらの情報をトータルして考えると、僕らがWEB上でビジネスをして行くには、 

最低限の単語数で、ユーザーに信用してもらい、行動してもらうことが求められているのである!

 

  

そういった状況の中にあって、マイクロコピーの重要性は、日に日に高まってきています。 

  

マイクロコピーは、

・ボタンの文字やフォームまわり、

・エラーメッセージ、

・写真のキャプションなど、

 

非常に細部ではあるが、ユーザーが注目している部分のコピー 

  

この細部のコピーの良し悪しで、WEBからの売上は大きく変わってしまうのである。 

 

 

日本では、まだまだ知られていないが

AmazonNetflixUber EatsAdobeAirbnb などの海外から来た企業は、当たり前のように使っています! 

  

逆に言えば、チミもマイクロコピーを使えるようになることで、ライバルに大きな差をつけることができるのである。

 

  

―ヤマタク

ヤマタクと

前の投稿
スピードが命といわれるワケ
次の投稿
使うと損するコピー

関連記事

メニュー