微差力を高めて周りと差をつける!

考え方

こんにちは、ヤマタクです。

昨日は、言葉を変えればものの捉え方が変わる話をした。
今日は、微差力を高める話をしていこうと思う。

 

「当たり前のことをバカになってちゃんとやる!」(小宮一慶著)
という本がある。

簡単に言うなら、
当たり前のことでも、自分のことを忘れて、バカみたいに一生懸命やってみる。
そしたら、道はひらけてくる。

ってことを伝えている本だ。

 

掃除でもなんでも、目の前の仕事を徹底的にやることで、
そこから気づくことが何かしらある。

ただ、「めんどくさいな」と思ったり、
他の仕事のことを考えていたり、
他にエネルギーを使っていると、
気づけないことは絶対にある。

言葉にしてみると簡単だが、
実際にやってみると、これがなかなか難しいものだ。

 

でも、この気づきが微差を生み出す力になる。

 

全く同じように見える双子でも、
ずっと付き合っていくうちに、
パッと違いが分かるようになるように。

 

また、イエローハット創業者の鍵山秀三郎氏は、
50数年もずっとトイレ掃除をしている。
(掃除はトイレだけじゃないが、一押しはトイレらしい)

会社が大きくなったのは掃除のおかげだと言っている。

実際には、それだけではないだろうが、
笑われたりバカにされたりしながらも、
ずっとトイレ掃除を続けたことで、
目に見えないものに気づけたことが大きい、ということだ。

実際にやり続けた人にしか見えない道というのが見えてくるんだ。

 

これから、ゴミ拾いでもいいし、挨拶でもいいし、趣味でもいい。

なんでも小さなことでもいい、
何かやり続けてみようと決めてほしい。

一生懸命に。

 

そこから見えてくるものや、見てきたことは、
抽象度をあげれば絶対に仕事にも繋がるし、あなただけの道になる。

 

暑い日に熱い気持ちで、さらに暑くなったかもしれないが、
とにかく学びのある休日を!

ーヤマタク

ヤマタクと

前の投稿
言葉を変えればものの捉え方が変わる
次の投稿
満足度を見極める小さくて大きな違い

関連記事

メニュー