人手不足の本当の問題点

考え方マネジメント時間術

 

どうも、ヤマタクです。

 「毎日やるべき業務がいっぱいあって、
人手不足だー!!」

「求人を出しても、
なかなかいい人材がこない、、、」

って、
今の日本じゃどこの中小企業も人手不足状態。
 
チミの会社では、
人手不足で悩んでいないかい?

・優秀な人材が欲しい
・求人を出しても、応募者が少ない
・どの求人媒体を使ったらいいのかわからない
・面接のときに、どんな質問をしたら効果的なのか
わからない

 
などなど、採用に関して
こんな悩みを持ってる
社長さんはとても多いと思います。

 
中小企業は、そもそも、採用に不利な状況。
 
優秀な人材は、ほぼほぼ大手企業へと
就職してしまうので、
中小企業が求人を出したところで、
 
あんまりいい人材は集まってこない。
 
 
そもそも、
チミの会社は、人手不足になってから
求人を出していないかい?
 
 
人手不足になってから求人を出すと、
こんな状況になりマス。
 
・スタッフが辞める
  ↓
・業務が増える
  ↓
・求人を出す
  ↓
・応募してくる人が少ない
・優秀な人材がこない
  ↓
・業務が忙しいまま
  ↓
・とりあえず、人手不足を解消するために
応募してきた人を採用する
  ↓
・優秀な人材じゃないので、教育が大変
(結果的に時間とコストがかかる)
  ↓
・ようやく、仕事を覚えたと思ったら、
辞められる
  ↓
・業務が増える・・・・
 
 
優秀な人材が来ない
スタッフが育たない
 
の悪循環で、結局は、会社の戦力となる
スタッフを育成できないので
会社の売上も、成長もストップしてしまう
ことになりマス。
 
 
じゃあ、どうしたらいいかって?
 
 
それは、
1 求人は、365日フルで募集をする。
2 採用基準は、厳しい審査を通った人のみ採用
 
 
社長であるあなたの右腕を採用したいと思ったら、
超生産的な人材は1000人いれば、
そのうちわずか5人にも満たない。
 
わずか0.1%の優れた人を見つけるのは
大変なことなのです。
 
 
なので、人手不足になった時に求人を出したって
優秀な人が来る確率なんて0.1%以下。
 
だからこそ、常に採用をし続けて
その採用基準も、明確にし
履歴書の学歴だけに惑わされない
 
採用基準を明確化していく必要があります。
 
 
そして、面接のときにも、
その人の価値観をチェックする質問をしていくことで
会社と相性がばっちりな人を見つけることが
できるようになりマス。
 
 
採用の時に
一番やっちゃいけないのは
社長のその時のノリや、
気分で採用をしてしまうこと。
 
これをやってしまうと、
結局はすぐに辞めちゃったり、
業務をなかなか覚えてくれなかったり
せっかくかけた求人の費用がムダになる。
 
大事なのは
基準をしっかりと明確にして、
優秀な人材を集めていくこと。
 
 
ぜひ、チミの会社の
採用基準も明確にしていってみてください。
 
 
―ヤマタク

ヤマタクと

前の投稿
スタッフに自ら仕事をさせる秘訣
次の投稿
発表!人事評価制度構築セミナー

関連記事

メニュー