これ知ってる?お客様がついついクリックしちゃうバナーデザインのコツ

トラストフォーマット

 

どうも、ヤマタクです。
 
今日は、
トラストフォーマットを使って
売れるWebサイトを作るための
基本中の基本の話をしようと思う。
 
 
多くの企業は
Webサイトは、作ることができる。
だけど…
売れるWebサイトの作り方はしらなかったりする。
 
 
もし、売り上げが上がらなくて悩んでいたりしたら、
ちょっと見直してほしいことがある。
 
それは
『真のペルソナ設定』だ。
 
この設定がしっかりと商品とマッチしていると
売り上げも面白いように上がるし
リピーターの顧客も増える。
売れるWebサイトも簡単に作れるようにもなっていくが
 
 
実は、ここがずれていると
どんなに素晴らしい商品でも顧客と商品がマッチしなくて
いくら頑張っても、
いくら色々と手直ししても
時間と労力のわりに
結果の出ない地獄いきになる。
 
 
じゃあ
真のペルソナとは?
 
マーケティングの現場で
耳にすることが多い「ペルソナ」。
 
企業が提供する
商品やサービスにとって、
特に代表的なお客さんの架空の人物像のことだ
 
 
ヤマタクさん!
ペルソナだったら、うちもきちんとありますよ!
 

27歳の独身女性で、東京目黒区在住の一人暮らしで…
 
って声が聞こえてくるが
その設定、架空のペルソナじゃない?
 
 
その架空のペルソナ設定は、残念ながら
間違ったペルソナかもしれない
 
 
実は90%の企業がペルソナ設定を間違っている。
 

架空の人物を設定すると
色々な会社を見てきた経験からすると
失敗することが多いんだ。
 
 
 
では、どうやって決めていくのか?
 
それはSNSだったり
アマゾンのレビュー、楽天のレビューなど
 
既存のお客様から見えてくる。
今あるデータから徹底的にリサーチすることだ!
 
 
どんな不満をレビューにしているのか?
どんな不安があるのか?
どんな怒りがあるのか?
 
その感情の裏には、
実は顧客が本当に求めているものが
見えてくる。
 
 
架空のお客様を対象とするのではなくて
実際にリアルなお客様の声を反映するというもの。
 
 
それこそが、真のペルソナだ。
 
この真のペルソナがわかると
・どんな雑誌を普段読んでるのか?
・どんな会話をしているのか?
・どんなことに興味があるのか?
・どんな未来が欲しいのか?
・どんなことに悩んでいるのか?
・どんな言葉を使うのか?
 
 
ということが、細かくわかってくる。
そのことがわかると
顧客が求めていることが明確化し
 

彼らに
どんな心が動くメッセージを投げかけるか?
どんな風にアプローチすれば
「気持ちよく」なってもらえるか?
知れば知るほどに、全く変わってくるはずだ。
 
そして、それは言葉であり、デザインであり、ブランドである。
 
相手にどのような「印象」を抱いてもらいたいか?
あなたが主導権を持ってコントロールすることができるのだ。
 
これが、トラストフォーマットのパワーである。
 
 
 
この、真のペルソナを見つけ出したある会社の例がある。
 
トラストフォーマットを利用した、
某・有名占いサイトのバナーの
デザインの作り方もご紹介しよう。
 
例えば占い業界ではそこそこ知れた、有料診断サイト。
 
広告バナーを出していたものの、
CTR(クリック率)が低く、採算が取れずにいた。
そこでSNSから「真のペルソナリサーチ術」を使って、
 
ターゲットとなる顧客が、
40代、女性セブンをよく読む女性で
あることを特定できた。
 
 
 
 
これまで使っていた
胡散臭いバナーを女性セブンそっくりにしたのだ。
 

 
結果、どうなったと思う?
数値は契約上、公開できないのだが
・・・クリック率が大幅に向上し、
 
広告の費用対効果も採算がとれるようになったのである。
もしあなたが通販ビジネスや、
WEB集客をしているなら・・・
もしくはそれに携わる職についているなら、
 
このトラストフォーマットを使わない手はない。
 
 
この真のペルソナを知ることで
Webのデザインや、言葉、見せ方、
バナーの制作も作りやすくなり
簡単に結果が出やすくなってくる。
 
 
売れるWebサイトを作るには
デザインのセンスは、実は不要なんだ。
 
 
まだほとんど知られていない、
信頼性をデザインする心理技術『トラストフォーマット』。
あなたのビジネスの、
成約率を上げるのが本当に楽になりますよ。
では、良い週末を。
 

ーヤマタク
 
 
 

ヤマタクと

前の投稿
あなたのサイトは『儲かるデザイン?』『損するデザイン?』
次の投稿
デザインで人をコントロールすることは可能なのか?

関連記事

メニュー