デザインで人をコントロールすることは可能なのか?

トラストフォーマット

 

どうも、ヤマタクです。


先週、3部作でお届けしてきた、
『トラストフォーマット』の秘密。
通販ビジネスや、WEB集客をしているあなたには
必ずマスターしてほしい
オレコンの最新コンテンツだ。

さて、今日のテーマ、
顧客の信頼を逆手に取った、
『デザインで人をコントロールすることは可能なのか?』
について話そう。

チミは
チャートやグラフを使っているだろうか?

僕たちは、
チャートやグラフなどを使って説明されると
どんなに変なグラフであろうと
疑うことをしない。

↓これを見てほしい。

TVでよく見るチャートだが
よーく見てみると!

見た10人
見ていない90人

て、おいおいおいおいおいおいーー!!!!
比率が明らかにおかしいではないか!

こんなおかしなチャートを笑顔で
当たり前のように解説している。

そしてこちらも

よくよく見てもらいたい。

ん??なんだか
6月から7月の長さが、異常に長いではないかーーーーー!!!

実は、こういうグラフを用いて
TV局は当たり前のように公表している。

じゃあなんでこんなグラフをつかうのか??
それは、やっぱり意図があって
スポンサーに配慮した
操作された見せ方だったりする。

そして
それを受け取っている僕らは
なぜかチャートや数字を用いると
いくらおかしなチャートを見せられても

『これって、本当?』

と疑うことをしない。

こんなにもおかしな情報なのに
そのまま、『そうなのか~』
と受け取ってしまうんだ。

僕たちは、こうして操作された
ダークパターン的な情報を日常でいろいろな場所で
受け取っている。

でだ・・・

このチャートや数字を、
ぜひチミには、
この心理技術をWebサイトに活かしてほしい。

売れているWebサイトというのは
チャートや数字を上手に使って
入れ込んでいる。

そうすることで
コンバージョンが上がっていく。

例えば

こういうの、見たことあると思うけど
これも、グラフと数字を用いたものだ。

Webサイトを見てくれているユーザーは
商品を探すときには

いいものが欲しいし
お得感が欲しいし
損はしたくない。

だから
このように従来品との比較だったり
どのくらい省エネなのかを表したり
お得感を出すことがチャートと数字で

相手に伝えたいように伝えることが
デザインで、できるようになる。

きっと、同じ商品を扱っていたとしても
こうして、丁寧にどのくらいお得なのか?
他の商品と比べてどうなのか?

って書いているサイトの方が
断然!顧客の心揺らぐ。

このように
ダークパターンを用いながらも
デザインで人をコントロールすることは可能だ。

グラフやチャート、数字を使った
意図的なデザインや
トラストフォーマットは

じゃんじゃん使っていってほしい!
チミのWebサイトの信頼度がグググっとあがる。

ーヤマタク

PS:
今までご紹介してきた

売り上げが2倍上がる!
見た目の心理技術を取り入れて
儲かるデザインを学べる

『トラストフォーマット1Day講座』の募集が

スタート!!

どんな講座なのか?
まずはどんなことを学べるのか見てみてくれ!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
講座内容をちょっと覗いてみる

 


ではまた!
ヤマタクでした。

ヤマタクと

前の投稿
これ知ってる?お客様がついついクリックしちゃうバナーデザインのコツ
次の投稿
安売りしてしまう原因

関連記事

メニュー