17%も反応率がアップした画面

セミナーマーケティング集客コピーライティング

どうも、ヤマタクです。

 

昨日のブログをご覧いただいて
マイクロコピーってカンタン!

 

ボタンやフォームまわりの文言を修正して
さっそく売り上げアップだ!

そのように思ってもらえたなら幸いデス。

 

ちょっとずつ改善を重ねて売上を上げる。

 

でもWEBサイトを開いてみたものの、、、
どんなマイクロコピーを利用したら、

 

購入率がアップするだろうか?

 

うーん、、、
と頭を悩ませていませんか?

 

先日もお伝えしましたが、

 

顧客の次の行動を自然と促すことができるもの。
それが良いマイクロコピーなのです。

 

つまり何が最適なのかを知っているのは、、、
顧客本人です!

 

マイクロコピーの肝はA/Bテスト。


テスト!テスト!テスト!なのが
マイクロコピー。

 

さっそく今日は
また別の
マイクロコピー改善事例をご紹介しマス。

 

これはGoogleが提供する宿泊予約機能画面↓

当初の予約画面は

「部屋を予約する」でしたが

 

改善を加え

「空き状況を確認する」
に変更したところ・・・

 

なんと、反応率が17%もアップ⤴︎

 

このテストから分かることは、顧客の

・部屋を予約したい

という欲求よりも

 

・指定の日の部屋の空き状況を確認したい

・部屋の価格を知りたい

 

という「ひとつ前の心理段階が存在している」ということ。

 

マイクロコピーは常に、
顧客の心理段階に沿っている必要があることを
意味している。

 

そう!何が最適なのか知っているのは
顧客本人なのです。

 

だからマイクロコピーでは

テスト!テスト!テスト!

の繰り返しが重要なのです。

 

なんだか大変そうと思うかもしれない。
でも、よく考えてみてほしい。

 

この文言を変える時間は
15分もあれば完了できる。

 

たった15分の積み重ねが、成約率を
アップすることに繋がるのだ。

 

結果あなたの売上にも繋がっていく。

 

これを1ヶ月、1年と積み上げてゆけば、その差は明らか。

 

あなたにも、一日でも早く
マイクロコピーの力を体験してみてもらいたい。

 

ーヤマタク

 

 

 

 

ヤマタクと

, , , , ,
前の投稿
15分で売上が上がる方法
次の投稿
ノウハウだけじゃ意味がない!

関連記事

メニュー