15分で売上が上がる方法

セミナーマーケティング集客コピーライティング

どうも、ヤマタクです。


まだまだ続きそうなコロナ
禍で、
ECサイトを始めたけど、思ったように売上が伸びない。


ECサイトを立ち上げたはいいけど、
購入に繋がっていない。


そんな悩みをお持ちの経営者の皆様に
とっておきの情報を持ってきました。


「どうすれば、もっとお客さんがきてくれて、
売上が伸びるのか」


経営者の悩みは尽きない。。。


今回お届けする内容が、
少しでもあなたの役に立てば嬉しいデス。


ここで、あるちょっとした改善をして、
問い合わせ率をぐーーんと引き上げた事例を紹介しマッス。


とある賃貸会社の資料請求ボタンを覗いてみよう。

どちらもよくある問い合わせボタン。

A メールお問い合せ

B 空室状況を問合せ

どっちのボタンが問い合わせが多かったと思いますか?


正解は・・・・


B「空室状況を問合せ」
デッス!!


さて、AとBではどのくらいの差があったのか?
そんな、そんな、少しの差でしょ、、、
と思っているそこのあなた!!

聞いて驚くな!!!

ABテストを行なったライフルホームズによると、
「メールお問い合わせ」から「空室状況を問合せ」に変更した結果、


問い合わせ率(CVR)が127%も改善
したそうです。


こんな驚きの結果が出せたポイントを解説するとね、
ユーザーが次にとる具体的な行動に合わせた文言が利用されていたこと。


その結果、お客さんに自然と次の行動を促す
ことができたのです。


つまり、
お客さんが最短距離で目的の情報に
たどり着くことができる=「CVRが上がる」といえるのだ。


マイクロコピーはこんなちょっとしたことで
効果が出やすい。


売上に悩んでいるあなたが
今すぐ
やらなければいけないことは


ボタンやフォーム周りをチェックして、数文字の修正を加える


たったこれだけ!
わざわざ無駄なコストをかけて外注にお願いしなくても、
15分あれば、改善できる点はたくさんある。


誰でも、短時間で成果に繋がるのです。


これを知ってしまったら、
もうやらなきゃ損ですよね?


さっそくマイクロコピーを実践したくなったのではないだろうか?


チェックすべきは、
これらの部分にある非常に
細かいコピー。


ボタン(及びその周辺)

・サインアップ画面

・ログイン画面&パスワード復元ページ

・入力フォームのラベル

・プレースホルダーテキスト

・メニュー、ナビゲーション など


現在のサイトをすみずみまでチェック
することで、
改善が必要な部分が何か所も
すぐに見つかるはずである。


1か所の改善にかかる時間は15分程度。
気軽に取り組んでもらいたい。


マイクロコピーの効果は即効性があるため、
修正を行ったその日に
売り上げを大きく変えられる可能性もある。


そして、一度書いたら終わりのメルマガなど
と異なり、その効果が持続することも魅力の一つなのデス。

 

ーヤマタク

ヤマタクと

, , , ,
前の投稿
【特別】年末総決算SPギフト
次の投稿
17%も反応率がアップした画面

関連記事

メニュー