凡人が東大に合格するには?

セミナー考え方マネジメント

世の中には「成功したい」と

思っている人がたくさんいる。

 

 

もっとお金が欲しい

もっと自由な時間が欲しい

もっと気の合う仲間に囲まれたい

 

誰だって1度は考えたことが

あるんじゃないかな?

 

 

うちのセミナーに来てくれる人たちや

コンテンツを買ってくれる人たちも

今より成功したくて購入してくれてるハズ。

 

 

それに、本屋に行けばあからさまだ。

 

そこら中に並ぶ自己啓発書や

成功哲学の本。

 

僕たちが生まれる前から

それらの類は存在してるのに

いまだに新しい本が

どんどん出てくる。

 

 

こういうのをみていると、

「成功したい」という人の欲求は

まだまだ世の中には存在してるんだな

ということがわかってくるよね。

 

 

で、今日はなんの話をしたいのかというと、

「人並み以上に成功する方法」

ってのをお伝えしようと思う。

 

 

と言っても、けっこう簡単な話で、

 

「すでに達成している人から学ぼうぜ」

 

ってコトなんデス。

 

 

とか言っちゃうと成功者の自伝を読む人が

出てくるんだけど、ぼくからするとNG。

 

なんでかっていうと、著者がたどってきた人生と

読者が歩んできた道は全く違うからだ。

 

それなのに、成功者の自伝を読んで

「よっしゃ!オレもこの人のようにやってやるぜ!」

なんてテンションあげても、絶対変化は起きない。

 

 

こんなのは、偏差値30で

学校の卒業すら危ういヤツが

いきなりノリで東大を受験するようなものだ。

 

合格できっこない。

 

 

じゃあ、どうすればいいんすか?って

話になってくるんだけど、

 

すでに達成している人から

直接指導をしてもらうのが絶対なんだよね。

 

 

偏差値30のヤツが一夜でいきなり

東大に入れる知識レベルになることはできない。

 

けど、東大に合格した経験のある

先生から、みっちり指導を受けたら話は別。

 

一気に可能性が開いてくる。

 

 

 

人並み以上に成功したいのなら、

すでにその道を行っている人からの教えを

鉄の掟として守る。

 

 

でもって徹底的にマネる。

 

 

「守・破・離」なんてのをよく耳にするけど、

ホンマこれだね。

 

「守・守・守」くらいの感覚でも

いいくらいだ。

 

 

 

キミにはたどり着きたい未来はあるかい?

そこにいくための師匠はいるかい?

 

 

だとすれば、もう成功したも当然だ。

 

 

 

ーヤマタク

 

 

全ての起業家がつまずく3つの壁。

その壁を乗り越えれる人と乗り越えれない人。

その違いは、、、

 

⇒ 続きを見る

 

 

ヤマタクと

前の投稿
保護中: 【参加者特典】マイクロコピー1Dayセミナー
次の投稿
「〇〇力」は捨てろ

関連記事

メニュー