便利ツール大好き社長の末路

考え方マネジメント

 

どーもヤマタクです。

仕事の効率化をあげようと
ツールを使っている企業は多いです。

オレコンでも取り入れてるんだけど
チャットワークやトレロ、zoomのような
ビデオ会議ツールは手放せませんね。

あるのとないのとでは、
生産性が大きく変わってくる。

なので、私はツールは大好きだ。

だけど、注意点もある。

それは、自社の特徴をしっかりつかんでおかないと
ツールは効果を発揮しにくいという点だ。

例えば、さっき言ったチャットワーク。

これは、レスポンスが早く動作も安定していて
タスク管理機能や共有の仕組みがバッチリ組まれてるんで
webツールではかなり優秀なほうだ。

なので、いちいち1箇所に集まらなくても、
メールで回りくどいやり取りをしなくても、
チャット形式でパパパっと話を進めることができる。

という特徴があるもんだから、
「チャットワークめっちゃ便利でっせ!」と
興奮気味に声を荒げてる人もよく見かける。

で、その話を鵜呑みのして
「導入しよう」と安易にことを進める人が
ほとんどだ。

でも、なんだよね。

確かに、チャットワークは便利だ。
だが、これが便利になるには、ある程度条件があるわけ。

つまり、企業によっては
全く使い物にならないケースもあるんですよ。

例えば、ひとつ挙げるなら
社員数が少ない企業だね。

社長と2名の社員しかいないような会社だと
そもそもチャットする必要あんの?となる。

それだったら常時zoomにつないでて
必要になったら喋るという形式の方が
生産的になることもある。

あとは創業段階かな。

会社を立ち上げたばっかりという時期は
チャットだのなんだの言ってる場合じゃない。

会社に泊まり込む勢いで
プライベートを殺して仕事をひたすらやる
くらいじゃないと話にならない。

確かにツールは便利だ。

デジタルが一般化されてから
その流れはますます加速している。

今後もより便利なツールが生まれるだろう。

だけど、世間の「便利だよ!」「使わないとかアホ」
というどーでもいい情報に振り回されてるんじゃあ、
どんなツールを使ったとしても恩恵にあやかれないんじゃないの?

あなたの会社は今どんな状態ですか?
あなたの会社はどんなことに悩んでますか?
あなたの会社は何をすれば前に進めそうですか?

これらが明確になれば、
ぶっちゃけツールはどれを使っても
効果を発揮する。

逆にこれがわかってないと
ツールのサービス停止になった時
一気に仕事ができなくなって
あわてふためくことになっちゃうよん♪

ーヤマタク

 

PS:

自分の会社にあったツールを見つけたいなら
この講座なんかも役にたつよ。

⇒ 働く時間は半分で収入を倍にする秘訣

ヤマタクと

前の投稿
「鷹の選択」は大ウソ〜鷹は選択もしないしツメを剥がしたりもしない〜
次の投稿
無敵のスケジュール管理ツール?

関連記事

メニュー