お客さんの本音に気づいてる?

マーケティングコピーライティング成約率UP

どうも、ヤマタクです。

以前オレコンの講座に来てくれた
コピーライターの男性が、話してくれたのは

 

「過去にリライトしても、
成約率の上がらなかったページが
ボタン周りを変えたら
ガーンと成約率が上がった経験があって。

だから、
『ザ・マイクロコピー』の書籍が出た時は
感動しちゃって、自分の講座の生徒に配りました」

 

こういった、コピーライティングに関する
悩みは、多くのお客さんから聞く・・・


(苦しんでいるライターは多い)

 

他にも、企業で働くコピーライターの方で

 

「セールスライティング手法を
学んできましたが、なかなか成果を出せず、
ついに1ヶ月前に
会社からクビの宣告を受けた状態でした。

そんな中
マイクロコピーのメルマガを見つけ、
会社に内緒で自腹で参加。

マイクロコピーに挑戦してみると・・・
13倍の利益を達成できました!

 

こういった、話も珍しい話では無い。

 

では、なぜ、

これまでのコピーライティングの手法で
効果が出なかったのに、

マイクロコピーの手法で
「たった数文字を変えただけで」

「たった一行を追加しただけで」

こんなにも売り上げが上がるのか?

 

それは、簡単に言えば、マイクロコピーが、
買い手に寄り添ったコピーだからである。

 

良くあるコピーライティングのノウハウでは
買う気のないお客さんに、
無理に買わせる手法を教えている。

 

もちろん、
それができたに越したことは無いのだけど、
それよりも、
もっと簡単に売り上げを上げるには、

今、まさに
買おうかどうか迷っているお客さんを
サポートして、背中を押してあげることデス。

 

例えば、
何気なく立ち寄った洋服屋さんで、

買う気が無いのに、
店員さんに無理やりすすめられて
引いてしまった・・・

そんな経験がチミにもないだろうか?

 

けれども、その逆に、買う気になった時に、
店員さんがつかまらなくて質問できないと
逆に困ってしまうのである。

 

「試着してもいいの?」
「他のサイズは?」
「もし合わなかったら返品できる?」

 

ちょとした疑問が障害になって
お客さんは購入ができなくなってしまう。


(ちょっとした一言が購買心理を大きく変える)

 

WEB上ではそれが、さらに顕著にでてきて
ちょっとした不安や疑問があると
お客さんはすぐにそのサイトを去ってしまうのである。

 

マイクロコピーは、たった一行加えるだけで
お客さんの心理を劇的に変えることのできる、
魔法の言葉ともいえる。

 

なので、チミにもマイクロコピーで
劇的に売上を上げて欲しいのである。

 

どんな一行が効果的なのかは、
セミナーの中で、詳しく公開するので
一度、こちらのページものぞいて欲しい!
↓ 

続きをのぞいてみる

ーヤマタク 

 

 

ヤマタクと

前の投稿
購入を促す3つのポイント
次の投稿
屋台骨がぐらついていませんか?

関連記事

メニュー