社長のためのビジネス戦略

考え方マネジメント時間術

どうも、ヤマタクです。

 
昨日は、
 
優秀な社長が、
朝から晩まで一生懸命頑張ってるのに、
思うように結果が伸びないとき・・・
 
小さな問題が頻発して、
売り上げが低迷している時・・・
 

そんなときは、戦略を疑って
考えなおしてみた方がいいって
話をしたよね。
 
 
 
ちなみに、戦略とは、元は戦闘用語。
 
つまり、
チミが長期的にどう戦っていくのか?
というのを考えること。
 
 
例えば、
 
・どこをどう攻めれば、チミの商品が
 ゆるぎないポジションを築いて
 売れまくるようになるのか?
 
・人員をどこに、どれだけ配置して
 どう動いてもらえばいいのか?
 
・どうすれば、
 お客様のフォローがストレスなくできて、
 顧客満足度が上がって、
 リピートも上がるのか?
 
 
といった、シナリを立てていくことデス。
 
 
でも、多くの社長は、その大切な部分に
自分のリソースを、ほとんどさけていないのが現実だ。
 
 
 
・雑務に追われて
 目の前の仕事をこなすだけで精一杯
 
・新商品をリリースしたいのに
 やりたくない仕事に時間を取られて
 一向に進まない
 
・お客様フォローが
 後手、後手になってしまい、
 クレームが発生し、
 従業員も疲れてしまっている
 
・社長が全部を抱え込んでしまって、
 とてもじゃないが体力が持たない
 
・目を離すとスタッフがサボってしまい
 現場から離れられない・・・
 
 
 
といった、目の前の問題に
飲みこまれてしまっているのである。
 
そうなると、
 
「やらなきゃいけない本当の仕事に
取り組めていない、、、」

 
 
という自責の念やストレスが
大きくのしかかってきて、
余計に時間とエネルギーを消費する・・・

という悪循環に
どんどんはまってしまいマッス。
 
 
 
では、なぜ、多くの社長が
同じワナにはまってしまうのか?
 
 
それは、巷にあふれている
ビジネスノウハウの多くが
社長向きでは無く
従業員向けだからなのである。

 
 
これ、マジメな社長さんほど、
あるあるなのである。
 
 
時間効率化・スケジュール管理など
世に出ているノウハウを学べば学ぶほど
上手く行かなくなってしまうのです。
 
 

そう、チミが悪い訳ではないのである。
 
これからは、社長のための
ビジネス戦略
をとりいれていこう!
 
 
 
-ヤマタク

ヤマタクと

前の投稿
屋台骨がぐらついていませんか?
次の投稿
社長の時給はいくらなのか?

関連記事

メニュー