苦労しなくても売れるデザインは手に入る

マーケティングトラストフォーマット成約率UP

 

どうも、ヤマタクです。
 
 
昨日はWEBサイトでは、見た目が大きな影響を与えていること。
 
 
ただし、売れるサイトというのは、ただ、デザインがキレイであったり、おしゃれであればよいワケではない、という話をしました。
 
 
 
では、何が大事なのかというと、それは、ズバリ『信頼』なのである。
 
 
『信頼』と言ってもピンとこないかもしれないので、チョッと例を挙げてみると
 
 
例えば、モンドセレクションというものがある。
 

 

 

 

 

 

金賞や、銀賞を受賞してそれを表示することで
売上が1.5倍になったり、2倍以上にもなってしまう賞のことである。
 
多くの企業は、この表示がしたいがために、手数料を払ってまで審査にエントリーするのである。
 
 
 『信頼』のひとつの形が、名誉ある賞を受賞したという表示である。
 

まずは、分かりやすい例を挙げてみたけれど
『信頼』の形はこれだけではない。
 
 
 
例えば、

 

 

 

 

 

 

この手作り感あふれるサイトを、売れる見た目にするには、どうすればいいのだろうか?
 
 
 
もちろん、ここでも『信頼』が大切になってくる・・・
 
「このセミナーを受けてくれる見込み客は 何に信頼を置いているのか?」
 
というのが考えるための糸口になりマス。
 
 
 
たとえば、このセミナーに来ているお客さまの場合は、

・スキルアップが好きで
・学ぶことが好き
・会社員の方や起業準備中の人の割合が多い
 
ということが分かっていた。
 
 
そんな人が信用しているメディアとして 「日経ビジネス アソシエ」があったのです。
 

そこで、、、 アソシエの表紙デザインそっくりに作り変えてみたのだ・・・
 

すると、どうだろう。
 
新しくデザインしたページからの、セミナーお申し込み率は220%もアップ。
 
顧客単価はなんと2倍になった。
 

 

 

 

 

 

 

売っている商品は変わらないのに、
 
集客ページの「見た目」を変えただけで、売り上げが2倍に伸びたのだ。

 

このA/Bテストの結果を、

「デザインがキレイになったから売り上げが伸びた」
 
と、解釈してしまうと、大きな損をすることになる。
 

そうではないのである。
 

人の信頼性を高める、「見た目の心理技術」が、確実にそこには存在するのだ。
 

もっとラクして売り上げを伸ばすために、
「見た目の心理技術」を、チミにももっと知って欲しいと思っています。
 
 
 
ーヤマタク

ヤマタクと

前の投稿
見た目が悪いと損をする?
次の投稿
売れるデザインの攻略法

関連記事

メニュー