サイト制作の常識が変わった

マーケティングコピーライティング成約率UP

 

どうも、ヤマタクです。

 

昨日は、ライバルよりも早く、低コストで改善していくことが、ビジネスを成功させる上ではとても大切だという話をしました。

 

そう聞くと、

「そんな都合の良い手法があるのか?」と思う人もいるだろう。

 

だが、そこは心配しなくても大丈夫である。

 

なぜなら、売れるウェブサイトの常識が以前とは様変わりしてきているからである。

 

 

これまでの常識では、売れるウェブサイトを作るには、

 

 

 

 

 

 

分厚いコピーライティングの専門書を片手に、何十年も昔に書かれたコピーの型をマネしてサイトを作っていくのが必勝パターンであった。

 

コピーライティングを学んでいない人には手が出せない分野でもあり、時間やコストをかけれる人たちが勝てる分野となっていたのです。

 

 

だが、そういった常識は、スマホ、タブレットの普及で一変したのである。

 

ユーザーは、スマホの小さい画面では、長ったらしい文章を読まなくなってしまった。

 

 

 

 

 

実際に、1日にスマホを確認する平均回数は100回を超えているといわれている。

 

そうなると、一つのサイトを見る時間は極端に短くなり、平均すればおよそ1、2分といった所である。

 

ユーザーは、自分が必要とする最低限の情報だけを見て、何か引っかかるとことがあるとすぐにサイトを去ってしまうようになったのである。

 

その短時間に、いかにユーザーの不安を取り除き行動を起こしてもらえるかが勝負を決めるようになったのデス。

 

このことを知らないでいると、今の時代には不適合になった手法を学ぶことに、膨大な時間と資金をつぎ込むことになるのである。

 

残念ながら日本では、まだまだ情報商材業者が販売している旧式コピーを使った手法が、ありがたがられている・・・

 

賞味期限切れの手法を売ることで儲けようとたくらむマーケティング会社は、数限りない。

 

チミには、そのような時代れになってしまった手法には振り回されて欲しくないのである。

 

 

-ヤマタク

ヤマタクと

前の投稿
ライバルとの格差を埋めるには?
次の投稿
後発でも勝てる必勝テクニック

関連記事

メニュー