ライバルとの格差を埋めるには?

マーケティングコピーライティング成約率UP

 

どうも、ヤマタクです。

 

チミのビジネスは、業界でダントツの1位を取れているだろうか?

 

もし取れているのならば、今の勢いで、これからもビジネスを拡大してもらえばよいだろう。

 

 

ただ、その反対で

 

「ライバルとの競争に勝てずに苦労している」

 

「広告比率が高くて十分な利益が確保できてない」

 

「売上が伸び悩んでいるけれどもリソース不足で手が打てない」

 

 

そういったことがあるのならば、今日の話をぜひ聞いほしい。

 

 

どんなビジネスであっても、ライバルとの競争は免れない。

 

チミの会社よりも、資金も人員もある上位企業と、どう渡り合っていくのか?という問題は、

 

チミのビジネスを伸ばしていく上では、ものすごく大切なポイントになります。

 

 

そういった中で、チミが勝ち抜いていくには、あっているのか分からない方法を、なんとなく手探りで行っているのでは、一生勝ち抜くことはできないのデス。

 

 

では、どうすればいいのか?

 

それは、ライバルよりも早く、低コストで、改善していくことである。

 

ここを、徹底的に意識することデス。

 

チミの会社よりも、先を行っている企業に対して、資金やリソースで勝とうとしても、どうやっても勝てないのである。

 

 

例えば世の中には、新しいマーケティング手法が次から次へと出てきます。

 

 

新しいことを飛びつくのが、すべて悪いことでは無いけれども、

チミがまだ業界で圧倒的な強者になっていないのならば、少し考えて欲しい、

 

 

その手法は、早く、低コストで、売上やCVR(成約率)を上げることができる方法であるのか?

 

 

 

結果が出るのか分からない手法に、時間やお金をかけていては売り上げは伸び悩むだけでなく、上位企業との差も開くばかりである。

 

 

―ヤマタク

ヤマタクと

前の投稿
<速報!!>大差がつく超生産的な働き方を身につけませんか?
次の投稿
サイト制作の常識が変わった

関連記事

メニュー