利益を生む「検索バー」って知ってる?

マーケティングコピーライティング

どうも、ヤマタクです。

 


昨日のブログをご覧いただいて
マイクロコピーってカンタン!!
ボタンやフォームまわりの文言を修正して
さっそく売り上げアップだ!!

 


こんな風に思ってもらえたなら嬉しいデッス。

 


こうしてちょっとずつ改善を重ねて
売上を上げる。

 


テスト!テスト!テスト!なのが
マイクロコピー。

 


とは言えだ。

 


はたしてチミは、
どんなマイクロコピーを使えば
確実に購入率がアップするか?
知っているだろうか。

 


まさか昨日のメールを読んだ後から
うーん、、、と頭を悩ませているとか?

 


あらら、、、

 


もちろんその時間は無駄とは言わないけれど
効率的ではないよね。

 


マイクロコピーとは、
顧客の次の行動を自然と促すことができるもの。

 


つまり何が最適なのかを知っているのは
チミのお客さん本人であり、

 


それを知りたいからこそ僕たちは、
仮説を立てて、

 


ひたすらテスト、テスト、テスト!
を繰り返しているのデス。

 


今日は、
企業や個人にオリジナルウォールステッカーを
販売しているWall Monkeys社のA/Bテストの一例を
ご紹介しようと思う。


同社はクリック率とコンバージョン率アップのために
ホームページを最適化したいと考えていた。

 


そこで彼らは、ユーザーの行動を把握するため
サーモテストを行い行動分析をしたんだ。


その結果、見出し、CTA、ロゴ、検索バーおよび
ナビゲーションバーに
多くの反応があることが分かった。

 


ふぅ、、、ここまでが第一段階ね。

 


続いて同社は別のテストを開始。
そうA/Bテストだ。

 


ユーザーが気軽に
自社製品に触れられるように背景を改良。

 

その結果、
コンバージョン率は27%アップ!

 


さらに同社は次の改善に打って出るのです。

 


そう。またA/Bテスト。

 


これまでの全てのテスト結果を掛け算し
検索バーをサイトのど真ん中に配置。


すると!!

 

 

ぬわんと!

 

 

コンバージョン率550%アップ!!
これがマイクロコピーの破壊力!!

 

 

チミにも
テスト!テスト!テスト!が大事!!
ということがお分かり頂けたと思う。

 

 

同社は1回のテストで終わらせず、
何度もテストを繰り返したことで、

 

 

莫大な利益の可能性と
サイト訪問者をゲットすることが
できたのデッス!!

 

 

サイトの背景や検索バーの配置を変えただけですよ。
時間にすれば15分ほどの改善。

 

 

それを繰り返すだけで
こんなにもコンバージョン率がアップするのです。

 

 

や、確かに、、、
検索バーをサイト上部に置かなければならない理由なんて
ないですからね。

 

 

さっさと変えたもん勝ちなんデス!

 

 

チミにも1日も早く
マイクロコピーの破壊力を体験して頂きたい。

 

 

ーヤマタク

ヤマタクと

, , ,
前の投稿
15分で売上を上げませんか?
次の投稿
ノウハウだけじゃ意味がない!

関連記事

メニュー