良いデザイン、ダメなデザイン

ダークパターントラストフォーマット

 

今回は、

良いデザインとダメなデザインの違い

というとても大切なお話をしていきます。

 

ぜひ、最後まで読んでくださいね。

 

ここまでは、

人の信頼性を高める

見た目の心理技術

「トラストフォーマット」

について解説してきました。

 

今回は、具体的な改善事例に

ついてご紹介します。

 

ビジネスワークショップを開催している

コンサルタントの佐藤さんは、

 

なかなかWEBサイトでの

集客が伸びずに

悩んでいました。

 

そこで、佐藤さんは、

 

「多くの見込み客は

 何に信頼を置いているのか?」

 

ということを考えました。

 

例えば、

このワークショップに来ているお客さまの場合は、

 

———————————–

・スキルアップが好きで

・学ぶことが好き

・会社員の方や起業準備中の人の割合が多い

 ———————————–

 

ということが分かりました。

 

 

そんな人たちが

「日経ビジネス アソシエ」を

愛読している 

という共通点を見つけました。

 

そこで、

アソシエの表紙デザイン

そっくりにWEBサイトを作り変えてみると・・・

 

 

お申し込み率は220%アップ。

最終的な顧客単価はなんと2倍に改善されました。

 

 

売っている商品は変わらないのに、

集客ページの「見た目」を変えただけで、

売り上げが改善。

 

このA/Bテストの結果を、

 

「デザインがキレイになったから売り上げが伸びた」

 と、解釈してしまうと、大きな損をすることになります。

 

顧客が信頼して見ているメディアは何か?

顧客の興味があることは何か?

 

ということを知る必要がありますし、

 

「あなた」の顧客のことを

よく見る必要があります。

 

これを見定めることで

顧客に刺さるデザインを 

生み出すことができるようになります。

 

 

ー山本琢磨

ヤマタクと

前の投稿
売れるデザインとは「デザインスキル」にあらず?
次の投稿
“真のペルソナ”をリサーチして売上が改善・・・

関連記事

メニュー