なぜ成功する人は仕事に追われないのか

時間術

どうも、ヤマタクです。

GWが明けて早くも2週間が過ぎようとしている。

がっつり休んだ人もいるだろうし
バリバリ仕事していた人もいるだろう

個人的にはみんなが休んでいるときに
働いた方が効率よく仕事ができるかな

連休はどこ行っても混んでるしね。

 

そうそう、それで仕事で移動する
ことがあったんだけど
先日、飛行機に乗った時のこと

 

ビジネスクラスでは
パソコンや大量の仕事の資料を持ち込み

寝る間も惜しんで仕事をしている
人をよく見かける。

 

一方、ファーストクラスでは
追われるように仕事をする人は
ほとんどいないんだよね

ワインを飲んだり、映画や読書を
している人が多く、リラックスした
ひと時を過ごす人が多い。

 

ファーストクラス=成功者
という方程式は一概には言えないとしても

時間に縛られず自由を手に入れている
人は多いという印象である。

 

時間はすべての人に平等に与えられているのに
なぜこのような違いが生じるのか?

それは、与えられたToDoリストをこなす側と
やるべきタスクを生み出す側の違いではないか
ということをお伝えしたい。

 

世界の大富豪やエクゼクティブは
ToDoリストをつくったり、
24時間なにかに追われているわけではない。

 

彼らは、スポーツチームの監督のように、
自分がイメージするゴールを描き

指示をだすことに専念しており
実際はプレーヤーに任せているのだ。

(監督と選手を兼任している人って本田圭佑くらいじゃないかな?)

 

ビジネスでいえば、信頼できる部下や
専門スキルを持つ外注先にしっかりと
脇を固めてもらう

こうして第三者の能力を活用することで
時間は無限大に増大するのである。

「時間に縛られない人生を楽しむコツ」

 

それにはまず自分の時間の使い方を
見直す必要があるだろう。

例えば、一度で済むミーティングを
何度もやったり、

実は誰も読んでいない報告書を書いてみたり、

 

検証してみると意外と無駄な
作業が多いことに気づくはずです。

それを思いきってやめる勇気も
必要ではないだろうか。

 

事実、オレコンでも以前は全体で
週1ミーティングを行っていたが、
ツールの活用により現在は廃止している。

それによりその時間を
他の生産的な作業にあてることができ
お互いの時間を増やしているのである。

 

もちろん必要な時はオンラインで
ミーティングしていますよ。

僕たちはウェブやツールをフル活用して
自由な時間を増やしている。

 

チミは無駄な作業をしてないだろうか?

 

-ヤマタク

PS:
ウェブが普及したからこそ起こる
働いても働いても、忙しい、、、

お金が残らない社長の共通点
働く時間を減らして、収入を上げる
ヒントをお伝えしています。

今すぐ忙しさから抜け出す方法を知る

ヤマタクと

前の投稿
マジメな社長ほど先送りする理由
次の投稿
「忙しい人」が「余裕のある人」に変わるまで

関連記事

メニュー