クリック率が改善した理由

お客様の声

どうも、ヤマタクです。


「公式HPからの予約よりも、宿泊サイトからの予約が多く
手数料の支払いがもったいないと感じる・・・」

と、

先日マイクロコピーのワークショップに参加してくださった
ホテルのHPを運営している松沢様から、
参加後の変化のご感想をいただいた。

 


公式HPからの予約よりも
宿泊サイトからの予約が多いとのことで
公式HPからの予約が増えれば

コストカットにもつながって、生産率の高いHPにもなるだろう。

こんなご感想をいただいた。

「Googleアナリティクスのチェックするべき
数値やポイントを確認しHPの改善点をみつけ、
問題点が明確になったおかげでクリック率が改善できました!」

と。

 

すごいじゃないか!

なんとも素晴らしい!

 

クリック率が改善できる理由としては
HPの改善点を自分で見つけることができるかできないかだ。

 

実際に改善点がわかれば
そこを変えていってGoogleアナリティクスでテストしてみる。

 

そして、結果を数値で見て、
そこをまた、変更していく。

それの繰り返しをしていくことで反応が変わってくるHPが出来上がる。

 

 しかし!

 

しかし
問題なのは
どこが問題点なのかわからない

というのが問題だ。

その問題がわからなければ、
グルグルとずーっと森の中をさまよって歩くのと同じ。


修正する必要のない部分を変えてみたり
コピーを変えてみたり
それなのに結果がなかなか出ずに頭をかかえる状態が長くなってしまう。

 

 

んー
それは生産性が低くて時間が本当にもったいない。

 

 

チミは、そんな状態にはなっていないだろうか?

 

 

今やっている
マイクロコピーの1Dayセミナーでは
マイクロコピーを学ぶのはもちろんだが

 

色々な実際の数値に基づいた成功の例をお見せして
ワークをふんだんに取り入れている。

 

 

その理由は

 

人は、忘れる生き物。
ドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウスの記憶の忘却によると

 

20分後には42%を忘却

1時間後には56%を忘却

1日後には77%を忘却する。

 

というデータがある。

 

 

だから
学びながらワークをしてアウトプットすることで

 

どこを改善して

どんな風に改善していけばいいのか

色々な意見を聞きながら

たくさんの気づきを得ることができるようになっている。

 

 

この気づきこそが

大きな変化を生んでいく。

 

 

さぁ、チミも
もしグルグルと森の中をさまよっているのなら
マイクロコピーを学んで

一歩、抜け出してみないか?

 

今すぐセミナー詳細を見る

 

 

―ヤマタク

 

ヤマタクと

前の投稿
どうする?ジタハラ(時短ハラスメント)と長時間労働
次の投稿
あなたの「夢の実現スピード」について

関連記事

メニュー