「登録」ボタンは死

マーケティング集客コピーライティング

 

どうも、ヤマタクです。

前回は、
約70%にもなる「カゴ落ち率」を
マイクロコピーを使うことで
簡単に減らすことができる!
という話をしたよね。
 
 
 
そんな、マイクロコピーの話の続きを
今日もしてみようと思う。
 
 
 
ネット通販のコピーでよく
やってしまいがちな例で
 
「会員の方はこちら」
「新規会員登録」

 
という注文カートのボタンがある。
 
 
会員になってくれれば、
リピートしてくれるんじゃないか・・・
 
 
という甘い期待の元に
このボタンを作ってしまうのだけど
ちょっと考えてみて欲しいのは、
 
それは、お客さまにとって
何のメリットがあるのか?ということデス。
 
 
 
お客さまにとって、
「会員の方はこちら」「新規会員登録」という注文カートのボタンは、
 
 
・セールスメールを送りつけられる
 
・個人情報がもれるかもしれない
 
・パスワードなんてすぐに忘れてしまう
 
・ただ買い物したいだけなのに何で登録しなくちゃいけないの?
 
というデメリットでしかないボタンなのである。
 
 
 
ちょっと想像して欲しいんだけど、
チミがコンビニに入っておにぎりを買おうとしたら
 
「会員にならないと買えません」って言われたらどう思うだろうか?
 
 
普通は、それなら
「他のコンビに行く!」となるだろう。
 
 
お客さんは会員登録なんぞしたくないのである。
 
 
ではどうすればいいのか?
というとそんな時は
 
 
「会員登録しなくても購入できます」
 
というコピーである。
 
 
 
このコピーを入れることで
45%成約率が上がった例もあるので
なかなかバカにはできないのデス。
 
 
 マイクロコピーは、ほんの数文字で
成約率が変わってしまうことがざらにある。

ちょっとした、一行の“勘違いコピー”のために
知らず知らずのうちに、
大きな機会損失を被ってしまっている・・・

そうならないように気をつけたいものである。
 
 
チミのサイトも一度見直してみてほしい!
 
 
追伸:

前回大好評だった
マイクロコピー1Dayセミナーを
再び開催しマッス。
 
 

全国・世界中の
どこにいてもネット環境があれば
受講できるオンラインと
東京会場を準備しています。
 
 
 
「今まで掛けていたページ修正の時間は
 何だったんだろうって思うくらい衝撃」
 
「決済フォームエリアを見直して、
 売り上げを13倍達成できました」
 
 
「ヘッドコピーやボディコピーを
 変える事ばかり考えてました・・・」
 
 
などなど、嬉しい声を頂いている人気セミナー
 
なんとトータルで826名もの方に
参加いただいています!
 
 

ライティング経験は不要。
ネット通販やWEB集客で実践して、
売り上げを1.2~1.5倍に伸ばそう!
  ↓ ↓ 

 
ーヤマタク

ヤマタクと

前の投稿
見落としていませんか?「カゴ落ち」の損失
次の投稿
発表! マイクロコピー1Dayセミナー2020

関連記事

メニュー