悪いマイクロコピー

マーケティングコピーライティング成約率UP

 

どうも、ヤマタクです。

売上をアップさせるために、

顧客の購入数を増やすために
チミは何が大切だと思う?

 

あるマーケティング会社の調査によると
通常ここが大事だ!という人の割合は

 

– 注文ボタン – 30%
– 見出し・サブヘッド – 20%
– 構成・レイアウト – 10%
– 全体のコピー – 8%

という結果だ。

確かに、この割合で考えるのが普通だろう。

 

しかし、
見出しと注文ボタン上のコピー
これが最も重要っていう世間の風潮。

 

超危険だ。

 

なぜなら、

買い物かごで止まる顧客は約70%もいて
「注文を完了してもらうこと」が

実はビジネス全体を急激に成長させるための

大きな要素になるからである。

 

多くの事業者が失敗するのは
前の方ばっかり改善して、

後ろに意識が向いていないからデス。

 

例えば買い物かごにまで入れている顧客を
10%決済完了にする事は、

事業全体の金額増加で見ると、
単なる成約率アップではなく、

広告費やその他コストのいらない収益増なので
実質収益は20%近くの上昇になる。

 

つまり、マイクロコピーのたった数文字が
事業全体を20%も引き上げることになる。

 

 

そんな、顧客を助けるマイクロコピーとは
どんなものだろうか?

たとえば、

ショッピングサイトASOSの公式サイトを例に見ていると

記入フォームを埋めていく度に小さな会話のやり取りが生まれる。

 

「おっと!ココにEメールアドレスを入れてください」
(Oops! You need to type your email here.)

入力を飛ばしてしまっても、
人間らしいメッセージであればイライラも軽減するだろう。

 

 

 

つまりは、お客さまがサービスを利用することが
ビジネスの成功に最も必要なことで、
使えないサービスは存在しないも同じだ。

 

 

マイクロコピーを味方につけるだけで、
顧客との関係をつくり、顧客を助け
最大限の利益を我々にもたらしてくれる。

 

 

もし、チミがWEBページを持っているなら

フォームの中からマイクロコピーで

声を掛けるべきだろう。

 

 

ただし、気をつけなければいけないのは

悪いマイクロコピーは、

お客さまの行動を中断するということです。

 

「未入力項目が21箇所あります」
「エラー:パラメータnameが未入力」

こんな、メッセージがでてきたら、
お客さまは一気に買う気を無くしてしまいます!
それにたいして、

良いマイクロコピーはお客様と関係を作る。

 

「この商品を買った人は一緒にこの商品も買ってます」
「おめでとう!いよいよ利用開始です」

 

チミも、マクロコピーを使って

どんどん利益を増やしていって欲しい!

 

 

もしチミが、マイクロコピーについて

もう少し興味があるのなら

こちらのページも見てみることをおすすめする。

↓↓↓
続きをのぞいてみる

ーヤマタク

ヤマタクと

前の投稿
発表! マイクロコピー1Dayセミナー2020
次の投稿
購入を促す3つのポイント

関連記事

メニュー