WEBサイトから売れない理由が判明。衝撃の事実、、、あなたはペルソナを誤解している

マーケティング集客トラストフォーマット

どうも、ヤマタクです。

 

 昨日は、

 人の信頼性を高める「見た目の心理技術」を使うだけで、

Webサイトからの売上をいとも簡単に上げることができる

という話をしました。

 

 例えば、こちらのサイトでは

価格保証のロゴブランドロゴに変更することで

成約率がアップしました。

お客さんは、価格よりも

ブランドの正規の商品であるという信頼性の方に

より重きを置いていたということになります。

 

 この信頼性というのは、商品やお客さんによって変わってきます。

 

 オレコンでは、お客さんの頭の中を分析するためのテクニックとして 

「真のペルソナ」リサーチ法

というものを教えています。

  

このリサーチ法によって「真のペルソナ」を見つけることで

売れるデザインの方向性が明らかになります。

 

 たとえば、こちらの何の問題も無さそうな占いサイトのバナー

 

沖縄っぽくておしゃれでいいじゃないかと思いがちだ。

 

けれどもこれは「真のペルソナ」が分かっていなかった状態で作った

デザインの失敗例なのである。

事実、反応もイマイチだった。

  

そこで改めて調べてみると、

この“奇跡鑑定”を求めているお客さんは占い初心者といった方ではなく、

そこらの占いでは満足できなくなった、40代の女性であった。

 

また、彼女たちは、女性セブンをよく読む層でもあったのである。

 

そこで「真のペルソナ」に合わせて

 

デザインを変えると、、、

 

 

バナーのクリック率は向上し、広告の費用対効果も大きく改善しました。

(数値は契約上、公開できず、、、スミマセン)

  

そう「真のペルソナ」を見つけ

人の信頼性を高める「見た目の心理技術」の原則を使うことが

売れるデザインを読み解く秘訣だったのである。

 

これができるようになると、

Webのデザインや、言葉、見せ方、バナーの制作も作りやすくなり

簡単に結果が出やすくなってくる。

 

売れるWebサイトを作るには、デザインのセンスは不要だったのである。

 

 まだほとんど知られていない、信頼性をデザインする心理技術

『トラストフォーマット(=信頼の形)

これを知ると、あなたのビジネスの、成約率を上げるのが本当に楽になりますよ。

 

 

ーヤマタク

ヤマタクと

前の投稿
売れるWEBサイト=信頼がデザインされている?
次の投稿
WEBサイトの見た目を変えるだけで2倍売れる、トラストフォーマット1Dayセミナー募集開始

関連記事

メニュー