ヒット商品になるための共通の法則

セミナー商品開発

どうも、ヤマタクです。

 

クリスマスのイルミネーションで溢れる
ステキな街並みを眺めていたら

 

「ヤマタクさん~!ヤマタクさんですよね?
ヒット商品ってどうやって作ればいいんですか?」
 

と、声を掛けられました。
 


確かに世の中には、
売れている商品や売れていない商品など、
数えきれないほどの商品や、モノが溢れている。
その中で、一体どうやったら商品がヒットするのか?

 

ちょっと唐突だったけど
ブログでこの質問にお答えすることにしました。

 
特に中小企業の後発組ってのは、
たくさんの商品が並ぶ中で、
一体どんな商品を企画したらいいのか、、、?
つまずきがちなんデス。



まずは、
ヒット商品になるための
ヒット商品の共通の法則を、
お伝えしていきましょう。


ヒット商品を作るためには
==================
「人が無意識に感じているニーズ」
に訴求した商品が売れてる
==================
ってこと。


OEMなどの商品開発で
みんなが苦戦するのはココ。

 


なぜなら「こんなのが欲しい!」
っていう真のニーズを、

 

 

消費者アンケートや
インタビューから拾うのは無理ゲーだからだ。

 


そもそもね、消費者自身が、
「自分の欲しいも」に気がついてないからね。


・健康食品
・サプリメント
・ボディケア製品
・ダイエット関連商品
・化粧品
・フィットネス器具
・アウトドア用品


どんな業界でもみんなOEMしたり、
ネットショップ作ったり、
総代理店とったり苦労している。

 


だけど、ライバルと同じメッセージで、
買ってください、
お試しくださいってやってるから

 

広告予算のでかい
大企業にやられてしまって

 

ヒット商品が誕生しない。



中小企業でも、順調に売り上げを伸ばしているのは
一番乗りで名乗りを上げ、
他社との違いをアピールできた企業・・・


つまり消費者のアタマの空白を埋めるように
『消えないメッセージ』を刻み込んだ企業だ。


3秒で説明できる、
わかりやすい『ポジショニング』が獲れたら、
ニッチ市場が丸ごと手に入るようになる。


つまり自分を「独自化」することで
競争のない状況を作り出し、
負けることのない世界を作り出せるってこと。
 



例えば、


『うんこ漢字ドリル』

 

 

 

 

 

 

 

 

小学生は『うんこ』というネーミングが大好き。
そこをコンセプトにした漢字ドリルは、

 

累計発行部数500万部を突破する
大ヒットを生み出した。
 
 


キリン一番搾り 糖質ゼロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ビールは飲みたい。でも糖質が気になる、、、」

 

「糖質オフのビールって
いまいちキレもコクもなくて、、、」

 

そんな僕たち世代のハートに
ドンピシャだったのがコレ。
まさに味と健康の両立を追求したビールだ。

 

その結果キリンビール史上最速で
553万ケースが完売となる大ヒット商品に。

 

どうだろうか?
それぞれヒット商品を見てみると
なぜ、ヒットしたのか?というのが見えてくる。
 



もしチミが独自の市場、
つまりポジショニングを
作り出すことができたら、、、?

 


ライバルの多い物販業界でも2倍3倍と
利益がアップしていくことが
できるようになるってこと!


負けるポジショニングにはまり込んだ企業は、
どんなに努力しても無駄。

 

 

独自の市場=ポジショニングが
何よりも「だ・い・じ」なのだ!!

 

 

まずは人が無意識に感じている
ニーズを探し出していこう!




ーヤマタク

 

追伸:明日につづく。

ヤマタクと

, ,
前の投稿
速報!人事評価制度構築1Dayセミナー
次の投稿
ポジショニング戦略を使っても成果が出ていない理由

関連記事

メニュー