テレワーク時代のハイパフォーマンスな働き方

考え方マネジメント時間術

 

どうも、ヤマタクです。


新型ウイルスの影響もあり

「テレワーク」での働き方が

幅広い業種で注目されるようになりました。

 

ちなみに、テレワークとは
tele = 離れた所」と「work = 働く」

をあわせた造語で、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のこと。

 

そう聞くと、テレワークでは、

「従業員や、スタッフをしっかりと管理できないのでは?」

なんて、考える経営者も多いかもしれない。

 

けれども、そんな心配は不要で、テレワークであっても、
それに合わせたマネジメント方法を取り入れれば、高い生産性を保つことは可能なのである。

 

それだけではなく、テレワークならではの良い点もあって

・オフィスを持たなかったり、縮小することができるので、固定費の削減につながる。

・日本全国だけでなく、世界中から人材を採用できるので、中小零細企業では採用するのが難しいような優秀な人材も採用できる。

・通勤にかかるストレスがないので、仕事に十分なエネルギーを注げるようになる

 

といったことも、挙げられるのである。

つまり、正しく取り入れれば
低コストで高い生産性を引き出すことができるのがこの、テレワークなのである。

 

大企業だけでなく、中小企業だからこそ上手に取り入れることで、会社の足腰を強くしてくれるともいえるのです。

オレコンでは、以前からオフィスを持たずに、それぞれのスタッフの働きたい場所から働いてもらっています。

 

社長が監視していなくても、それぞれのスタッフが、自ら仕事を選んで

高いモチベーションのままで、働いています。

 

毎週、結果を出すための仕組みを取り入れているので、サボる人もいませんし、成功や失敗体験についても共有されています。

 

結果として、
社員が楽しく、生産性高く働いていて
社長も自分の時間がとれる
という、

社長、従業員どちらにとっても、嬉しい仕組みをつくりあげていマッス。

 

この先、働き方を変えられない会社は社会からの風当たりも強くなり、人材の確保も難しくなることが予想される。

経済活動に制限がある今だからこそ、チミも、新しい働き方を取り入れることで

低コストでありながらも、高い生産性を持った組織をつくることをおすすめします。

 

-ヤマタク

ヤマタクと

前の投稿
ありがとう。創業7周年
次の投稿
顧客の期待を超える思考法

関連記事

メニュー